関ジャニ∞ 錦戸亮、ゆかりの地ハワイで将来を語る「会いたいなって思われるような僕でいたい」

写真拡大

 7月7日の『another sky-アナザースカイ-』(日本テレビ系)に、関ジャニ∞ 錦戸亮が出演した。この番組は、ゲストに海外にある第2の故郷、“アナザースカイ”を紹介してもらうというもの。錦戸が訪れたのは、幼少期の頃からゆかりがあるというハワイ。

参考:関ジャニ∞『ジャム』は“転機”となるか 楽曲提供陣とグループの個性による音楽的な広がり

 ハワイで食べるそうめんの贅沢さ、現地にいる知人、お気に入りの雑貨屋、パナマハットのお店、チャイナタウン。錦戸は様々な場所に足を運ぶ。彼が初めて主演を務めたドラマ『Peace Wave〜ウクレレと少年〜』(BS-i)の舞台がハワイ。それから、20年間錦戸は定期的にハワイに訪れている。出演するドラマとドラマの間にはハワイがあった。

 「日本で1人でボケーッと過ごしてたら、他のメンバーとかテレビで見るし。『俺働かんと何してんやろう』って、二日酔いの日とかに限って見るんですよね。(それが生放送だと)この瞬間を頑張ってるわけじゃないですか」と、錦戸は話す。さらに錦戸は「そんなことも言ってられへん歳だなとも思うし。『この人しかできひんみたいな事の方が大事かな』とも思うから。でも、やっぱりそれって1回結果出してる人が言える事だと思うんですよね。『錦戸くんが言うなら』って思われるような僕にならないといけない」と仕事に対する姿勢も明かした。

 理想までの道のりを聞かれた錦戸は、「5合目……2合目でもいいぐらいですね。僕がなりたい理想の大人は、仕事一生懸命しながらでも、それと同じくらい遊んでたいんですよね。友達も頑張ってるの知ってるし、転職してどこそこの店のマネージャーになったよとか、やっぱり70歳になっても80歳になっても『会いたいな』って思える人がいてほしいですし、『会いたいな』って思われるような僕でいたいと思うし、ハワイ来て遊んでたいですもんね」と語った。 改めて、錦戸はハワイに来る理由について、「さっき言った……例えば、メンバーがテレビ出てるのを見て、日本から離れるみたいなところもある。離れたら離れたで頑張ろうと思うし」と語り、力を貰う場所であったことに気づく。20年前もこれからも通い続ける場所がハワイだった。

 次回は7月14日の放送に、小島瑠璃子が出演する予定だ。(向原康太)