Appleの株価は5月に同社史上最高となる156.10ドルを記録して以来、約9%下落したままとなっています。しかしウォール街のアナリスト、ブブライアン・ホワイト氏は、iPhone8の発売に向けて再び上昇すると予測しており、多くの投資家は現在を「買い」の好機と見ているようです。

Apple株は実際の価値より低く評価されている

ホワイト氏は顧客に配布したメモに、Appleの株は「世界でもっとも実際の価値よりも低い評価を受けている株」のひとつ、と記しています。
 
8月1日に発表されるApple第3四半期(4月〜6月)の業績はあまり重視されておらず、投資家らはむしろこの秋発表されるiPhone8や世界開発者会議(WWDC 17)で発表された新製品、資本配分などに注目している、と同氏は述べています。

時価総額1兆ドル超えに

またホワイト氏は、近年では2016年5月の株価が底であり、新iPhone発売によってAppleの株価は次の12カ月以内に202ドルに達すると予測しています。これはAppleの時価総額が、1兆ドル(約114兆円)を超えることを意味します。現在の時価総額は約7,370億ドル(約84兆円)です。
 
今年5月、RBC Capital Marketsのアナリスト、アミット・ダリャナニ氏もまた、Appleの株価は12カ月から18カ月以内に192ドル〜195ドルとなり、時価総額1兆ドルを超えるとの予測を発表していました。ダリャナニ氏もホワイト氏と同じく、iPhone8が起爆剤になると見ています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)