「ハリー・ポッター」シリーズが人々に与えた人生の教訓

写真拡大

『ハリー・ポッターと賢者の石』が出版から丸20年を迎えた今は、ハリーの冒険の物語を通して私たちが学んだ教訓を振り返る絶好の機会だ。

原作者J・K・ローリングはハリー・ポッターの世界を通じ、読者に多くの学びを与えた。「ハリー・ポッター」シリーズには、教訓や価値ある言葉がたくさん詰まっているが、以下にそのほんの一部を紹介する。これを読んで皆さんの心が温まり、勇気が出ることを願う。

「敵に立ち向かうのは大変な勇気がいるが、友達に立ち向かうことも同じくらい勇気がいる」
──ハリー・ポッターと賢者の石

「名前に対する恐れは、そのもの自体に対する恐れを増大させる」
──ハリー・ポッターと賢者の石

「真実は美しく、恐ろしいものだ。だからこそ慎重に扱う必要がある」
──ハリー・ポッターと賢者の石

「ハリー、自分が何者かを示すのは、自分の能力ではなく、自分がどんな選択をするかなのだよ」
──ハリー・ポッターと秘密の部屋

「ハーマイオニーがいつもすることさ」。ロンは肩をすくめて言った。「疑問を持ったら、図書室に行くんだ」
──ハリー・ポッターと秘密の部屋

「闇の中にいても幸せは見つけることができる。光を灯すことを忘れなければ」
──ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

「世の中は善人とデス・イーターだけじゃない。誰もが心の中に光と闇の両方を持っている。大事なのはどちらの道を選ぶかだ。自分が何者かはそこで決まる」
──ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

「誰かの人となりを知りたいなら、その人が自分と対等な人間ではなく、自分より下の人間をどう扱うかをよく観察することだ」
──ハリー・ポッターと炎のゴブレット

「痛みをしばらくまひさせても、感覚が戻った時にさらにつらくなるだけだ」
──ハリー・ポッターと炎のゴブレット

「目的を同じくし、心を開くならば、習慣や言葉の違いは全く問題にはならない」
──ハリー・ポッターと炎のゴブレット

「無関心や無視はしばしば、あからさまな嫌悪よりも多くの害を生む」
──ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

「失くしたものはいずれ自分のところに返って来る。予期しない形で」
──ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

「死と闇を目の当たりにしたときに私たちが感じるのは、未知のものに対する恐怖だ。それ以上の何物でもない」
──ハリー・ポッターと謎のプリンス

「他人の正しさを許すより、 間違いを許す方がずっとたやすい」
──ハリー・ポッターと謎のプリンス

「人間の命はみんな同じ価値があるし、守る価値がある」
──ハリー・ポッターと死の秘宝

「妙なことだが、ハリー、権力を持つのに最もふさわしい者は、権力を一度も求めたことのない者だ。君のように、リーダーの役を強いられ、必要に駆られて責務を引き受ける者は、自分でも驚くほど見事にその役をこなす」
──ハリー・ポッターと死の秘宝