前半戦が終了したJ1、最も得点が入った「スタジアム」ランキングTOP21

写真拡大

前半戦の17節が終了した今シーズンのJ1。

全153試合で396得点が生まれており、これは1試合平均で換算すると2.58ゴールが決まっていることになる。

サポーターにとって最も見たいのは、応援するチームの勝利であろう。

1-0で勝つのと3-4で負けるのでは当然前者が好まれるわけであるが、サポーターではない立場のサッカーファンであればできるならより多くのゴールを見てみたいと思う人も少なくないはず。

そこで今回は、ここまでのJ1において1試合平均で最も得点が決まっているスタジアムを調べてみた。

※2017年7月7日現在
※小数点3位を切り捨て

21位:山梨中銀スタジアム(甲府のホーム)
→9試合で計11得点(1試合平均1.22得点)

18位:ニッパツ三ツ沢球技場(横浜FMのホーム)
→2試合で計4得点(1試合平均2.00得点)

18位:ヤンマースタジアム長居(C大阪のホーム)
→4試合で計8得点(1試合平均2.00得点)

18位:ベストアメニティスタジアム(鳥栖のホーム)
→8試合で計16得点(1試合平均2.00得点)

17位:札幌ドーム(札幌のホーム)
→8試合で計17得点(1試合平均2.12得点)

16位:カシマスタジアム(鹿島のホーム)
→9試合で計20得点(1試合平均2.22得点)

15位:ノエビアスタジアム神戸(神戸のホーム)
→8試合で計18得点(1試合平均2.25得点)

13位:NACK5スタジアム大宮(大宮のホーム)
→9試合で計21得点(1試合平均2.33得点)

13位:エディオンスタジアム広島(広島のホーム)
→9試合で計21得点(1試合平均2.33得点)

12位:味の素スタジアム(FC東京のホーム)
→8試合で計19得点(1試合平均2.37得点)

11位:IAIスタジアム日本平(清水のホーム)
→8試合で計20得点(1試合平均2.50得点)

9位:日産スタジアム(横浜FMのホーム)
→7試合で計17得点(1試合平均2.42得点)

9位:ヤマハスタジアム(磐田のホーム)
→7試合で計17得点(1試合平均2.42得点)

8位:市立吹田サッカースタジアム(G大阪のホーム)
→9試合で計22得点(1試合平均2.44得点)

7位:日立柏サッカー場(柏のホーム)
→9試合で計25得点(1試合平均2.77得点)

6位:デンカビッグスワンスタジアム(新潟のホーム)
→8試合で計24得点(1試合平均3.00得点)

5位:等々力陸上競技場(川崎のホーム)
→8試合で計25得点(1試合平均3.12得点)

4位:ユアテックスタジアム仙台(仙台のホーム)
→9試合で計29得点(1試合平均3.22得点)

3位:金鳥スタジアム(C大阪のホーム)
→5試合で計18得点(1試合平均3.60得点)

2位:エコパスタジアム(磐田のホーム)
→1試合で計4得点(1試合平均4.00得点)

1位:埼玉スタジアム2002(浦和のホーム)
→8試合で計41得点(1試合平均5.12得点)

※磐田は清水戦でエコパスタジアムを使用

最も多くのゴールが決まっているのは、浦和のホームである埼玉スタジアム。

1試合平均5.12ゴールは他の会場を圧倒しており、開催した8試合のうち実に6試合で5得点以上が決まっている。

浦和がホームであげた26得点は最多であるが、その一方でホームでの失点数15も2番目に多く、ホームでは攻撃の良さも守備の悪さも出ていると言えそうだ。

また、平均得点数が唯一1点台だったのは、甲府のホームである山梨中銀スタジアム。

甲府はホームで2勝4分3敗という成績なのだが、9試合で5得点6失点とかなりゴール数が少ない。