本田翼、映画『鋼の錬金術師』ワールドツアーでハガレン愛を爆発

写真拡大 (全13枚)

 映画『鋼の錬金術師』のワールドツアーがアメリカ・ロサンゼルスの「第26回アニメエキスポ」(現地時間:7月3日)とフランス・パリの「第18回ジャパンエキスポ」(現地時間:7月7日)で行われた。

 第1弾の「第26回アニメエキスポ」には主演を務める山田涼介と曽利文彦監督が登壇。同イベントでは初披露となる特別フッテージ映像が流れ、映画のキャラクターが登場するたびに、会場のあちこちで驚きと感動の声援が沸き起こり、山田は「上映中、すごくリアクションがあって嬉しい」と安堵のコメント。また、曽利監督からは「エドの役は全世界探しても山田さんしかいなかった」という発言や、「この作品が継続してパート2が出来たら良いなと思っている、みんなに評価して貰いたい」と早くも続編への意気込みを語る場面もあった。

 そして、山田は「日本人でない役に挑戦しているので、皆さんが観て漫画と違和感がなかったか不安だったが……」と不安を吐露するシーンもあった。しかし会場全体のファンから「NO!」という声がこだまし山田もそれに続き「みんなが認めてくれてありがとう」と感動した様子だった。イベントの終盤、山田からは「世界中で愛されているこの作品を日本で実写化出来ることを凄く光栄に思ってます。世界中の方にこの作品を観て頂いて、この作品を盛り上げて頂けたらなという風に思っていますので、是非、『鋼の錬金術師』を宜しくお願いします。愛してください」と語ると、曽利監督からは「私はHappyです、映画を観てください」と締めくくりイベントは終了した。

 第2弾の「第18回ジャパンエキスポ」には山田と曽利監督に加えてヒロイン役の本田翼の3人が登壇。3人それぞれフランス語であいさつを済ませると、イベントは質疑応答のコーナーへ。自身が演じる役のオファーをもらった時の心境を聞かれると山田は「僕で本当によかったのかな、と最初は思っていたんですけど、本当によかったなと思いました」と答え、原作の大ファンでもある本田は「日本ですごく人気のあるこの作品に出られて、とても幸せだと想いました。この作品はまず兄弟愛を描いていますし、感動できるし、面白いし、見ていてわくわくする、そんな作品だと思います」と原作ファンならではの心境を語った。さらに日本人でないキャラクターをどのように演じたか尋ねられると山田は「外国人を演じるのは初めてだったので、最初はもちろん抵抗感もあったのですが、いざ衣装とか着てみると、瞬時にエドになれたので、そこは違和感なくできました」と回答。本田は「私も『鋼の錬金術師』が大好きなので、人種の壁は愛情で越えられました」とハガレン愛を爆発させた。

 そしてこの日集まったファンからの質問パートに入ると、撮影中の楽しかった思い出を聞かれ山田は「ウィンリィとイタリアで汽車の撮影をしたんですが、ずっと何時間も汽車にのりっぱなしだったので、いい思い出だなと。なかなかそんな機会がないので、楽しかったです」と本田との楽しかった思い出を披露した。また、ハガレンファンに対してプレッシャーがあったのかという質問に曽利監督は「原作に忠実な部分が多いので、原作のファンも気に入ってくれるだろうと思いながら作っていましたから、とくにプレッシャーは感じなかったです。心配ないです(笑)」とコメント。イベントの終盤、山田は「漫画版には漫画版のよさが、実写版には実写版の良さがあるので、すべてをひっくるめて愛していただけたらなと思っています」と海外ファンに呼びかけた。

 映画『鋼の錬金術師』は12月1日に全国公開だ。