「iPhone8」をはじめ、2017年に発売のiPhoneシリーズはワイヤレス充電に対応すると予測されています。しかし、対応ワイヤレス充電器は、iPhoneの発売に間に合わないようだ、と著名ブロガーが語っています。

ワイヤレス充電器はiOS11.1の公開と同時発売?

Apple関連情報に詳しいブロガーのジョン・グルーバー氏がTwitterで、以下のように語っています。
 

インダクティブ充電器はiPhoneとは別売になり、発売はiOS11.1と同時になると聞いた(昨年のポートレートモードのように)。

 


 
ワイヤレス充電器の発売が遅れる理由については語られていませんが、2016年、iPhone7 Plusでポートレートモードが利用可能になり、日本でもApple Payサービスが提供されたiOS10.1の公開が10月末頃だったことを考えると、新型iPhoneの発売から1カ月あまりの遅れとなりそうです。

iOS11にはワイヤレス充電対応を示すファイル

2017年には、iPhone10周年記念のプレミアムモデルと噂される「iPhone8」、現行モデルの性能向上版「iPhone7s」「iPhone7s Plus」の3モデルが発売され、いずれもワイヤレス充電に対応する、と予測されています。
 
Appleは今年2月、ワイヤレス充電規格「Qi」を推進する業界団体Wireless Power Consortium(WPC)に加盟しており、Apple Watchのような充電方式がiPhoneシリーズにも採用される可能性もあります。
 
2017年のiPhoneシリーズにワイヤレス充電器は同梱されず別売になる、との予測はApple関連情報の精度の高さで知られるKGI証券のミンチー・クオ氏も先日発表しています。
 
なお、iOS11にはワイヤレス充電への対応を示唆するオーディオファイルが発見されています。

 
 
Source:MacRumors
Photo:Wireless Power Consortium
(hato)