20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内でIT関係の職場に勤める川崎亜子さん(仮名・36歳)。とにかく大きい人というのが彼女の第一印象でした。身長は165センチほどとのことですが、ふくよかな肉体がそう感じさせたようです。髪はふんわりウェーブのかかったロングヘアーに、目鼻立ちもはっきりとしていて、自称『痩せればモテる』タイプ。

自ら「肥えているからご飯はたくさん食べますよ!」といった発言から、サバサバした明るさは付き合いやすそうです。男女ともに友人が多そうな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は福岡県です。両親と弟との4人家族で、父親はサラリーマン、母親は専業主婦の普通の家庭で育ちました。父親は土地柄からか厳しそうなイメージを持たれることが多いんですが、私には甘かったです。母親には亭主関白でしたし、弟にも厳しいんですが、私には小さい頃から厳しかった記憶はありませんね。悪いことをしたらもちろん怒られていましたが、普段は優しい父親というイメージです。ちなみに、両親、弟ともに太ってはいませんから(笑)」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校1年の時です。あの頃はまだ細かったし、今と違ってそこそこ可愛かったんですよ!すごくモテたとかはなかったですが、年に1〜2人くらいは好意を示してくれていた感じです。

初彼はクラスメイトでした。出席番号が近くて、入学して初めて隣になった男の子です。行事があるとなにかと出席番号順で行動することがうちの学校は多かったので、徐々に仲良くなっていって、夏休みに遊びに行こうと誘われて告白されました。

初めてできた彼氏に浮かれて、夏休み中はほとんどの日を一緒に遊んで過ごしました。近所からちょっと遠出をして、いろんなお祭りに一緒に行ったことを覚えています。彼とは高校を卒業するまで、ずっと付き合っていました。

高校卒業後に私は東京の大学へ進学することになり、彼は地元に就職で残ったので、卒業と同時に別れました。厳密に言うと、3年の3学期にはもう疎遠でしたけどね……。彼は東京へ進学を希望していた私が、どうしても理解できなかったようでした。離れることを自ら選んだ私を、彼は振ったんです。きっと遠距離でも続いていなかったと思いますけど、当時はショックでしたね……」

大学では東京ライフを満喫。クラブ通いに合コンと遊びほうけたそうです。

「とにかく遊びました(笑)。同じ大学の友達はほとんどが地方人だったこともあり、東京探検を4年間楽しみましたね。合コンも週1ペース、クラブ通いも大学時代に始めました。大学に入って、ややぽっちゃりしてきてはいたんですが、男性に一番人気があるような感じでした。

大学時代は特定に付き合った人はいなくて、知り合った人といい感じになってそのままキープしていました。常に2〜3人はいました。ごはんに連れてってもらったり、色んな場所に連れてってもらったりと、本当に楽しかったですね。就職もいい感じになっていた10歳上の男性に紹介してもらったとこにすぐに決まって、就職活動もなく大学生活を終えましたね」

紹介された職場はブラック企業だった……!?

ウェブ広告などを扱うIT企業に就職するも、そこは過酷な職場だったそうです。

「仕事は営業と製作の半々ぐらいの部署で、とにかくすごい忙しかったです。それに広告にはノルマがあって、それができないと上司からの叱咤が永遠と続きます。今振り返ると絶対にブラック企業なんですけど、昔は耐えて当たり前の時代だったので、怒られないように必死に仕事をしました。そしたらストレスからか、ぶくぶく太ってしまったんです……。入社して2年で体重は40キロ増えてしまって、まったく男性から相手にされなくなりましたね……。でも仕事も忙しかった分、自分の仕事で要領が良くなってきて、評価されるようになっていったんです。

よく褒めてくれる移動してきたばかりの10歳上の上司がいたんですが、気づいたら彼のために仕事を頑張りたいと思っていました。彼のことを好きになっていたんです。でも女性としてはすっかり自信を無くしていたので、アピールなんてできずで……。仕事を頑張ることで彼の役に立とうと、もっともっと仕事を頑張りました。そこから3年ほど過ぎた時に、彼が独立することになりました。そして、そこに私を誘ってきたんです。嬉しくて飛びついてしまったんですが、でもそれこそが間違いでした……」

仕事に邁進し続けた5年間で知識は広がり、彼のためにさらに仕事を頑張っていこうと思っていたのに……。

彼の役に立ちたい一心で頑張り続けた仕事。彼はそこを評価して新事業に誘ってくれたと思っていたのに……。恋愛感情は仕事に大きな支障を……!?〜その2〜に続きます。