浜田雅功(ダウンタウン)

写真拡大

7日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、浜田雅功が、テレビドラマ「家政婦のミタ」「女王の教室」で知られる脚本家・遊川和彦氏にキレていた過去を明かした。

番組では、恒例企画「本音でハシゴ酒」で東京・代々木の大衆居酒屋を訪れ、ゲスト出演した俳優・佐藤二朗とトークを展開した。

そこで佐藤は、自身がいい芝居ができた作品としてテレビドラマ「わたしたちの教科書」(フジテレビ系)の名を挙げ、遊川氏に演技を称賛された過去を語った。

すると浜田は「ドラマやってるとき、ずっと遊川が本(脚本)を書いてた」と告白した。このドラマとはTBS系の「ADブギ」「人生は上々だ」を指す。

これに共演者が驚くと、浜田は「そのときの遊川にボロクソ言ってた」と明かして「『同じセリフや、お前が書いてくるのは』『前にも言うた、これ』『違う表現してくれ』とか」と当時を振り返った。

【関連記事】
南明奈が食べ物ロケ後の焼肉デートを告白…ダウンタウンも驚愕
浜田雅功に叩かれ俳優・佐藤二朗が感動「母さん、役者になって良かった」
ダウンタウン・浜田雅功の出演番組で使われている驚きの編集テクニック