男2人の"チョイ住み"日本中が萌える理由

写真拡大

約1年前にNHK BSプレミアムで放送され、反響の大きさからたびたび再放送されている旅番組がある。料理研究家・土井善晴と俳優・野村周平がキューバで暮らした1週間のドキュメンタリーに映っていたのは、年の差37歳の男2人が出会って歩み寄る、下手なドラマよりもドラマティックなストーリーだった。

「テレビ・ドキュメンタリー」というくくりを広く捉えた時、その中のひとつに、生身の人間同士の関係の変化を追うタイプの番組がある。こうした番組はいつの時代にも存在していた。自分の記憶をたどってみると、古いところでは『ねるとん紅鯨団』(1987〜94年/フジテレビ)が思い当たる。恋愛バラエティであると同時に、リアリティ番組としてドキュメンタリー要素も含んだ『ねるとん』は、「ねるとんパーティー」という言葉を世間に定着させるほどの影響力を当時持っていた。

その後、フジの『ねるとん』の水脈は、2000年代の『あいのり』(99〜2009年)、2010年代の『テラスハウス』へと引き継がれる。『あいのり』は、男女が1台のワゴン車に乗って世界中を旅する番組だったが、放送された90年代終盤〜00年代は、世界を旅して“自分探し”をすることが流行した時代だった。そして『テラスハウス』は、シェアハウスの隆盛と軌を一にしている。

そして今、有名人同士が一定期間一緒に暮らす企画で、ひそかに人気を集めている番組がある。NHK-BSプレミアムで不定期に放送されている『チョイ住み』だ。

■藤井フミヤ&亀田興毅! 『チョイ住み』組み合わせの妙

この番組では、毎回ひとつの国や地域で2人の出演者が共同生活を送る様子を放送する。ライフスタイル関連の媒体で「旅するように暮らす/暮らすように旅する」というキーワードが頻出する現在、かつての“自分探し”のようにあちこちを回るよりも、ひとつの場所で地に足をつけて暮らすことで世界を深く知ろう、というモードが、ひとつの気分として存在していることは間違いないだろう。

『チョイ住み』の人気の理由のひとつは、出演者2人の組み合わせの妙だ。歌手の藤井フミヤとプロボクサー・亀田興毅が台北で、格闘家の小川直也と人気若手俳優の竹内涼真がリスボンで、と意外な2人が共に暮らす。現在までのところ、同性同士に限られているのも特徴だ。

『チョイ住み』はこれまでに11カ国でロケを行ってきた。そのなかでも「神回」と評判が高いのが、2016年7月21日に放送された「キューバ編」である。NHKも人気の高さを認識しているのだろう。たびたび再放送されており、去る6月17日にも何度目かのオンエアがあった。

出演者は、料理研究家の土井善晴と、俳優の野村周平だ。2人は初対面で、37歳の年齢差がある。共同生活の始まりは、緊張感漂うものだった。

用意周到で几帳面な土井と、開放的で順応が早い野村の性格の違いから、部屋の使い方、日中の行動の仕方などをめぐって、2人の間にはたびたびギスギスした空気が流れる。花を活けようとする野村に、土井は逐一口出しをしてしまう。野村が「土井さん、けっこう冷たかったですよ」「どう思ってます? 僕のこと」と率直に尋ねると、土井は、「男同士で真面目に言われることってないから答えにくいよな。そんなものは感じることで、口に出してどうのこうの言うことじゃない」と一度はつっぱねてしまうが、結局そこで膝を突き合わせて話し合いをする。そこから徐々に、2人の空気はよくなっていき、最終日前日、また花を活ける野村に土井が「花の似合う男になってきたな、かわいい」と気持ちを言葉にするまでになった。

土井は1日早く帰国するため、2人での滞在最後の日、野村に「チェ・ゲバラのTシャツ買うといて」と頼む。すると、野村はトイレに行くふりをして、そのTシャツとエプロンを持って現れる。土井がそれを欲しがっていたことを覚えていて、こっそり買っていたのだった。しかもおそろいで。2人はその後、カリブ海を眺めながら葉巻を吸い、「土井さんでよかった」「周平くんでよかった」と言い合って空港で別れる。振り返るタイミングは少しずれながらも、ちらちらとお互いを意識している姿がとんでもなく……よかった(もうそれ以外の言葉が思いつかなかった)。

■野村と土井、それぞれの変化とその後

翌日、野村はひとりで朝食をつくるとき、土井のオムレツ作りを思い出し、見様見真似でやってみる。すると不思議なことに、初めてなのにうまく作ることができたのだ。野村がこの旅で得た変化が、そのオムレツのシーンに見えた気がした。

土井のほうにも、変化はあった。『チョイ住み』放送前、土井が料理番組にチェ・ゲバラのTシャツを着て出演したのが、ツイッターなどで話題になっていた。視聴者には、土井がなぜそんな服を選んでいるのかわからなかったからだ。その後この番組が放送されたことで、あのTシャツは野村との友情の証しだったのだと明かされる。ロケだけにとどまらず、その後のエピソードまで含めて、2人の感情が伝わってくる番組であった。

先に書いた通り、こうした共同生活の中での関係性の変化を見せる企画は、『チョイ住み』に限らず存在する。例えば最近でも、同じように芸能人同士がひとつ屋根の下で暮らす『モシモノふたり』(フジ)が今年3月まで放送されていた。こちらは主に未婚の男女が出演し、番組のHPには「芸能人たちのありのままの人間性、そして本人すら意識していなかった隠された魅力が、同居生活を通して赤裸々に明かされる」とコンセプトが書かれている。

一方、『チョイ住み』のコンセプトは、「その街に、まるで引っ越したような、全く新しい旅番組」である。しかし最近の放送回を観ていると、「異なる世代・異なる性質の2人が“他者”と出会って変化すること」が、コンセプトの一部として重要なものになりつつあるように感じられる。単に「ある場所・ある人物の知られざる魅力が見える」ことに留まらず、「ある人が他者と出会って変わり、新たな一歩を踏み出す」ところを見せる番組へと変化してきているのだ。

ただし『チョイ住み』は、この試みがうまくいけば感動を呼ぶが、そうでなかったときは平凡な旅番組になってしまうリスクを常にはらんでいる。野村と土井の「キューバ編」は、その化学反応――安易に使うのがはばかられる言葉ではあるが――が、文字通りうまくいったからこそ、初回放送から1年近く経ってもなお語られているのだろう。

(フリーライター 西森 路代)