(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

写真拡大

 人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」の実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日より全国公開。このほど、第三弾となる予告映像が公開された。

 主人公“ジョジョ”こと東方仗助(山崎賢人)のスタンドは、触れるだけで他人のケガや壊れたものをなおすことができる最も優しいスタンド「クレイジー・ダイヤモンド」。解禁された予告映像では、あらたにその能力の一端である破壊されたものを修復するシーンが披露されている。

 仗助が住む杜王町(もりおうちょう)で、次々と起こる奇妙な事件。凶悪犯アンジェロ(山田孝之)のスタンド「アクア・ネックレス」は、水を操り人間の体内に入り込み犠牲者を増やしていく。そしてアンジェロのスタンドは、仗助の愛する母・朋子、祖父・良平にも迫る。仗助はいかに立ち向かうのか。またこの奇妙な事件の裏では、アンジェロだけでなく、スタンド使いを生み出す不思議な弓矢を持っている虹村形兆(岡田将生)、形兆の弟・虹村億泰(新田真剣佑)といった凶悪なスタンド使いが手を引いていることが明らかに。「運命に逆らうつもりはない」と神妙に語る形兆と、億泰が流す涙にはどういった秘密が隠されているのか。形兆のスタンド「バッド・カンパニー」のシーンも追加され、熱いスタンドに期待は高まるばかりだ。

 さらに「バッド・カンパニー」に描かれている迷彩柄は、原作者・荒木飛呂彦先生が同作のために描きおろしたビジュアルとなっている点にも注目。超異色サスペンス・エンタテイメント『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日全国ロードショー。