画像提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の小栗旬(34)が、7日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜21:55〜)にゲスト出演し、2012年3月に結婚した妻でモデルの山田優(33)について語った。

小栗は「酒に溺れていたい」という願望を告白し、「(お酒が)好きですね。できれば平日みんなが働いている時間に飲みたい。そんなには飲めないんですけど…けっこうすぐ酔っぱらっちゃう。酔っぱらってからめちゃくちゃ長いんです」と説明。「9杯までは大丈夫。10杯を超えてからは何倍飲もうとほぼ変わらないし、何も覚えていない」と明かした。

そして、飲むと「陽気になります。楽しくなって、女の子を口説きたくなって」と言うと、松本人志や坂上忍らは爆笑。「そんなに指輪光らせて女の子口説きたいって」とツッコまれると、小栗は「外しときましょうか」とジョークを放ち、女性のタイプを聞かれると「女子はほとんどタイプですね」と笑いを誘った。

また、「30歳で結婚しました」と話し、もっと遊びたいという思いはなかったか聞かれると、「たぶんあんまり考えてなかった。でも、今の妻とは別れたくないし、失いたくないなって」と結婚を決意した当時の思いを告白。坂上が「この2人って別れないんだろうなって感じる。あの人(山田)ってけっこう懐深いんじゃないの?」と尋ねると、小栗は「本当にそうだと思います。すごくしっかりしてくれてる人ですね」と答えた。

さらに、山田もお酒を飲むのか聞かれると、「飲みます飲みます。2人目生まれて授乳中なので飲まないですけど、もともとは彼女の方が僕より強い。沖縄の女の子なんでお酒強いんですよ」と話し、「いつも僕がベロベロになっても、彼女といると必ず連れて帰ってくれると思っているから、外でもかなり飲めた」と2人の絆が感じられるエピソードを披露した。