「ワロス」は過去のネットスラング(写真は真木さんのツイッターから)

写真拡大

女優の真木よう子さん(34)がツイッターを開設したところ、「ワロス」など、今では使われなくなったネットスラングを使ったため、困惑するファンが続出している。

「ワロス」という言葉を生んだ「2ちゃんねる」でも真木さんのツイートが話題になっていて、ネットに慣れていないようで「恥ずかしい」などといった意見が出ているほか、過去に使われたネットスラング「漏れ」「キボンヌ」「逝ってよし」などを思い出す人もいる。

「Twitterとやら、始めました」

真木さんは2017年6月28日、

「Twitterとやら、始めました。初めまして。ワタクシ通り名真木よう子」

とツイッターを開設した。ネット上ではまず、この「通り名」というのはどんな意味なのか話題になったが、続いて何をつぶやけばいいか分からないとし、真木さん主演のフジテレビ系ドラマ「セシルのもくろみ」の撮影を話題にし、

「私扮する宮地奈央の私服は極めてダサい、一周回ってもやっぱりダサい。出オチ感半端ねぇyo、そこのみでいいから観てくれyo」

そして、

「本日も撮影なう。ワロス」

とつぶやいた。これに対しフォロアーから、

「言葉には気をつけて...」

とたしなめられ、

「了解です!バルスって言ったらいいかな??」

と返した。この「ワロス」というのは「2ちゃん」発祥のネットスラングで「笑った」という意味だ。そのため真木さんに「2ちゃんねらー?」といった疑いがかけられた。しかし、「ワロス」は10年くらい前に流行り、今では「死語」のようになっている。

ネットスラングも流行廃れがあるから難しい

当の「2ちゃん」でも真木さんのツイートが話題になり、

「無理してネットスラング使おうとして、思いきり滑ってる」
「ひと昔前によくいた、椎名林檎が好きな専門学校生が書きそうな文面」
「きっと今ごろ死にたくなるくらい恥ずかしがってると思う」
「年増のいい女がネットに馴染もうと頑張ってくれてんだから、大目に見てあげて」

などといった書き込みが出ることになった。

真木さんのツイートで過去に流行ったネットスラングを思い出す人も多くいて、

「はげどうとか言って欲しい希ガス」
「初心者は逝ってよし」

などといった書き込みが出たほか、「漏れ」「キボンヌ」「香具師」「オヌヌメ」といった言葉が出て、

「ネット用語も流行り廃りがあるし、定番になっただろと思ってたら、そうでもないのがあったりで難しいよなぁ...」

などといった感想も綴られた。