Wanna One、デビュー後初のグラビア公開…ユニットカットからソロカットまで“11人11色の魅力”

写真拡大 (全17枚)

Mnet「プロデュース101」シーズン2を通じて誕生したアイドルグループ“Wanna One”の初のグラビアが公開された。

Wanna Oneはマガジン「1st Look」のグラビア撮影で多彩な魅力をアピールした。この日の撮影は、11人のソロカット、ユニットカット、団体カットに分けて行われた。

最初のシングルカットの主人公は、最終ランキング1位であり“30代ピック(30代から圧倒的な支持を受けるという意味)”という流行語を誕生させたカン・ダニエルだ。国民プロデューサーに恩返しするかのように、撮影中、特有の笑顔を見せた。

可愛い表情で現場のすべての女性スタッフたちをときめかせたパク・ジフン、真剣で哀切な表情とジェスチャーを見せた一番年上のユン・ジソンまで、様々な魅力を披露した。

現場でメンバーたちが満場一致で選んだベストモデルは、オン・ソンウだった。撮影に入るとプロフェッショナルに変身、強烈な眼差しを披露した男らしい姿に、撮影現場のスタッフたちも感心したという。

不自然だったがすぐ自身だけの魅力をアピールしたキム・ジェファン、憂愁に包まれた眼差しでスタッフたちを感心させたイ・デフィ、初のカットでAカットを誕生させたミステリアスな雰囲気のファン・ミンヒョン、モデルらしいプロポーションで素敵なビジュアルを完成させたライ・グァンリン、強烈な眼差しで視線を捉えたパク・ウジン、変わった魅力を見せたハ・ソンウン、心をときめかせた彫刻のようなマスクのペ・ジニョンまで、11人は自身の魅力たちを思う存分アピールした。

撮影の後半、夕日の日差しを浴びながら芝生に横になって行われたカバー撮影で、Wanna Oneは純粋で可愛く、ハツラツとした魅力はもちろん、セクシーな男性美を誇示した。

Wanna Oneのグラビアは「1st Look」137号を通じて確認することができる。