女性の手元をエレガントに彩るクレドールの新作

写真拡大

セイコーウオッチ(東京都中央区)は、高級ウオッチブランド「クレドール」から国産最薄メカニカルムーブメント「キャリバー68系」を搭載した女性用機械式モデル2種を2017年7月21日に発売する。

少量生産の手作りムーブメント

「クレドール」が誇る、厚さわずか1.98ミリ(500円玉程度)のムーブメント「キャリバー68系」の小秒針つき「キャリバー 6898」を搭載。

極薄ながら実用的な機能性を高いレベルで確保しているのはもちろん、構成部品も極薄であるため、雫石高級時計工房で高度な技能を有する時計師が一貫して組立・調整からケーシングまでを担当。ひとつひとつの部品の調整には100分の1ミリ単位の精度が求められるため、1人の熟練時計師が1日わずか1個から2個しか組み立てられない、少量生産の手作りムーブメントだ。

また、ダイヤルにはセイコーの原点である「銀座」をテーマに、シンボルでもある柳をあしらった。光の加減によってパターンがさりげなく浮かび上がる、上品なデザインだ。

さらに、ケースは存在感ある30ミリのケース径を採用。56個のダイヤモンドをセッティングした。

華やかなボルドーカラーストラップモデル(GTBE996)210万円と、テンパーブルーの針が上品に輝くネイビーカラーストラップモデル(GSBE999)125万円の2モデルをラインアップ。

価格はいずれも税別。