小栗旬

写真拡大

7日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、俳優の小栗旬が、現代のテレビドラマへの危機感を明かした。

番組では、小栗のほかにダウンタウンらと東京・代々木の酒場に赴き、酒を酌み交わして本音トークを繰り広げた。その中で、小栗はドラマ界の将来について「もう本当にヤバイじゃないですか! テレビ!」と思いの丈を語り始めた。

小栗はドラマ出身の俳優として「(ドラマが)本当に面白くなくなってしまっている」「(表現上)やっちゃいけないことが多すぎて」と、制約が多い上に制作費もかけられない現状を憂いた。

また、松本人志が「今が一番悪い時期なんじゃないかな」と、ドラマ含めてテレビ業界全体に懸念を示すと、小栗も「結構、厳しいんじゃ…」とドラマに関しては深刻だと指摘したのだ。

さらに小栗は、自分がかつて観ていたテレビの質の高さと作り手の気概を推測した上で「クリエイティブな部分のみんなの想いが、一体どこに行ってるんだろうな」と、テレビ業界全体への不満をにじませていた。

【関連記事】
設楽統 山崎夕貴アナの熱愛発覚に「本当に小栗旬さんが好きなんだな」
小栗旬のNGシーンにドラマ共演者が苦言「何年役者やってるんだ」
小栗旬 高嶋政宏が持ってきた驚きの差し入れに「狂ってると思った」