理想のスレンダーボディに近づくため、日々厳しい食事制限やハードなトレーニングに励んでいるあなた。一生懸命食事制限やトレーニングに励んだ結果、ぽっこりお腹や下半身太り等は解消できましたか?依然解消できていないというあなたは、もしかすると骨盤のゆがみが原因かもしれません。骨盤にゆがみが生じると、体中がアンバランスになり、太りやすい身体になることがわかっているからです。

こんなあなたは骨盤が歪んでいる可能性大

骨盤に歪みが生じている方には、以下のような症状が見られます。これらに少しでも心当たりのある方は骨盤の歪みを疑った方が良いでしょう。


下腹がぽっこりしている姿勢が悪いと言われるようになった腰痛があるО脚になっている足だけ太っている足元だけ冷えている靴のすり減りが偏っている体型がアンバランスである出産以来体型が戻らない

骨盤に歪みが生じると次第に姿勢が悪くなっていき、内臓の下垂による下腹のぽっこりや、無理な姿勢の影響による腰痛に繋がります。更に動脈やリンパが圧迫されることで、基礎代謝の低下や老廃物の蓄積、むくみ等も生じるようになってきます。もともと女性は出産に伴い骨盤が大きく開く傾向にあるので、どうしても出産後は骨盤が歪みやすくなるのだとか。出産後に体型が戻らないのもこれが原因のひとつとされています。

骨盤の歪みを誘発する原因

本来正常な方であれば骨盤に歪みが生じることはありません。しかし骨盤に歪みが生じている方は、日頃の生活で身体のバランスを悪化させる行為を行ってしまっているのです。例えば座ったときの足組や、横座り、立った時の片足への重心移行、バッグをいつも片側で持つ、合わない靴での無理な歩行、筋肉の衰えの原因となる運動不足、そして立ち座りを問わず悪い姿勢などです。こういった習慣が日々積み重なることで、骨盤の歪みとなって体系のアンバランスを生み出してしまうということです。

骨盤の歪みを矯正するストレッチ

骨盤の歪みを矯正する効果的なストレッチというものもあります。骨盤の歪みを矯正させるストレッチ方法はいくらでもありますので、ここではあくまで参考程度の簡単なものを紹介したいと思います。


仰向けに寝る片足を膝を曲げながらもう片方の足へ交差する上体を起こさずそのまま股関節をストレッチもう片方も同様に行う

上記の骨盤矯正ストレッチを一日10回〜20回程度行っておきたいところです。この他にも骨盤矯正、腰痛解消のための幾つかのストレッチについてこちらの記事で詳しく紹介をしています。


writer:サプリ編集部