ほな・いこか

 ゲスの極み乙女。のドラマー「ほな・いこか」こと、女優でタレントの「さとうほなみ」が6日放送のTBS系『櫻井・有吉THE夜会』に出演。騒動が巻き起こったボーカル川谷絵音の“不倫”に言及。自身も既婚者であり、「それだけは絶対ダメ。本当に」と強調していた。

 ほなは女優やタレントとして「さとうほなみ」の名前でも活動している。すでに結婚しており、夫は同じくバンドのドラマーを務める男性であることを告げ、「今はもう第一線ではやってなくて」と紹介した。

 有吉弘行からは、女優業で「さとうほなみ」の名称を使っている理由を尋ねられ、「“ほな・いこか”だとふざけてる感が…」とし、女優という仕事柄を考慮していることを述べた。

 川谷の不倫が世間を賑わせ、バンド活動も休止となるなか、「何もしてない状態です」と語ったさとうは「ちょっと焦ってますね、だから。休止なんで、私もやりたいことやらせてもらったり、主婦業をやっていて」と自身の生活を振り返った。

 さらに、川谷の不倫について、「集められまして、なんか出るかもみたいな話で」と第一報を聞いたシチュエーションを説明。そして、「内容も全然、私わからなくて。そういうこともあったのも知らなかったので」と驚いた当時を明かし、「コンビニで…」川谷の記事が載った雑誌を確認したという。

 有吉からは川谷の行動に怒りを感じなかったのか尋ねられたが、さとうは「なんか言えなかったですよね、あんまり。あの時は、バンドですごい頑張って行こうっていう感じだった」とゲス極。メンバーの当時の心境を伝えた。

 そして、有吉は続けて「結婚してるから気を付けないとね。それだけはねえ」と暗に“不倫”への忠告を入れると、さとうは「それだけは! それだけは絶対ダメ。本当に」と言葉を強めながら語っていた。