ヒロミが“芸能界のご意見番”を和田アキ子から受け継ぐ「5つの理由」!

写真拡大

 かつては芸能界のご意見番として、業界に君臨していた和田アキ子。現在も冠番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)では言いたい放題を続けているが、昨今は何を言っても批判にさらされるなど、特にネット上で圧倒的な嫌われ者になってしまっているのが実情だ。

「和田自身は周囲に気を遣う面もあり、本来の姿はテレビでの印象とはだいぶ違うというのが業界での認識。数々の暴言も、芸能レポーターらの期待に応えようとするサービス精神の表れなんです。しかし昔はその暴言が受けていたものの、最近は不人気の原因となってしまっており、本人もかなり気にしているようですね」(業界関係者)

 その和田もいまや67歳と高齢になり、そろそろ「ご意見番」のポジションから降りることも考えているようだ。しかし芸能界では、誰かが降りたポジションはすぐに別の誰かが埋めるもの。その後継者に最も近いのは誰だろうか?

「ヒロミでしょうね。『バイキング』や『ワイドナショー』(いずれもフジテレビ系)ではすでにご意見番のポジションを確立。52歳という年齢もちょうどよく、トライアスロンを趣味とするなど体力もある。しかもウッチャンナンチャンの南原清隆とは生年月日が一緒だったり、ダウンタウン浜田雅功とは父親同士が高校の同級生だったりと、横のつながりも意外に広い。それでいて大手事務所に所属しておらず、誰が相手でも等距離外交をこなす器用さもあります」(前出・業界関係者)

 最近はコメンテーター的な役割に留まらず、「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)では毎回、50人の若手芸人と共演するなどさらにネットワークを広げているようだ。しかも嫌われ者的なポジションは20代で経験済みのため、和田が悩んでいる現状にも対処できるはず。そのヒロミが今後、どんなスタンスで芸能界を生き抜くのかに注目だ。

(浦山信一)