下村博文・元文科相(撮影・横田一)

写真拡大

 都議選の歴史的大敗で、自民党都連会長を辞任する意向を表明した下村博文・幹事長代行(元文科大臣)だが、「週刊文春」(文藝春秋)が「加計学園から闇献金200万円」と報じた問題はまだまだ尾を引きそうだ。

 発売当日に自民党本部で会見を開いた下村氏は「加計学園の秘書室長が事務所を来訪され、個人および企業あわせて11名から預かってきた合計100万円の現金を持参したので、その11名の領収書を作成し渡した」と弁明したが、このとおりだったとしても、あっせん額が20万円を超えた場合に、あっせん者の氏名や金額などの報告を義務づけている政治資金規正法違反にあたる可能性が高い。

 また、先日のリテラ(6月29日掲載)が指摘していたように、「官邸で安倍首相と下村氏が直接、今治市職員に指示し、加計ありきの道筋をつくったのではないか」という疑惑もある。

 今治市の出張記録によると、今治市企画課長と課長補佐は2015年4月2日、「獣医師養成系大学の設置に関する協議」のために上京、急遽、官邸訪問が決定して15時から16時半まで打ち合わせをしたが、同じ時間帯の15時35分から安倍首相は下村文科大臣(当時)と面談していたことが首相動静でわかっているからだ。

 そこで7月2日、自民党本部での会見で「(加計問題について)今後も丁寧な説明をしたい」と述べた下村氏に対して、次のように聞いてみた。

──ご自身が文部科学大臣時代に官邸で今治市の職員と会ったのではないか。同日に安倍総理と会っていますが、加計について何か働きかけをしたことはないのでしょうか。

下村氏 そもそも会っていません。

──同じ日に今治市の職員が官邸に来ていますが、そのことはご存知なかったのですか。

下村氏 そもそも官邸で会うことはありえないことだと思います。一般論としてもありえませんし、また、そういう事実はまったくありません。(今治市の職員が)官邸に来ていることは知りませんし、お会いしていないことは事実です。

 とりつくしまもなく否定した下村氏だが、「週刊文春」は7月5日発売号でも第二弾記事を掲載し、加計学園の国際バカロレア候補校、認定校の選定にからむ疑惑を追及。「文藝春秋」も下村氏と加計の関係を検証する記事を掲載すると言われている。これから、両者の関係を決定づける疑惑がさらに出てくるかもしれない。

 さらにもうひとつ、下村氏には元秘書で「都民ファーストの会」公認候補として当選した平慶翔氏との"バトル"激化という問題もある。

 6月4日の事務所開きに姉の女優・平愛梨さんが駆け付けたことで話題になった"アモーレ弟"こと平氏だが、「週刊文春」発売当日の会見で下村氏は、自らの説明責任を十分に果たさないまま、「週刊文春」への情報提供者が平氏である疑いがあると指摘、事務所の金の使い込みやパソコンを隠す業務妨害をしたことを認める署名入りの上申書を配布、次のような説明をしたのだ。

「元秘書がパソコンを隠し業務を妨害した事実についても上申書のなかで謝罪もさせています。週刊誌が入手したのが事務所のパソコンに入っていたデジタルデータであったとするなら、内部の犯行である可能性が高く、パソコンを一時隠し持っていた元秘書にも大きな疑惑をもたざるを得ません。偽計業務妨害などの刑事事件として告訴するべく、弁護士に相談しているところです。『週刊文春』についても、都議選中に記事を掲載すること自体が選挙妨害であり、内容が名誉毀損に当たると考え、告訴することを準備しているところであります」

「週刊文春」や平氏への法的措置の構えを見せる下村氏だが、前川喜平・前文科事務次官の出会い系バー記事と同様、内部告発者の信頼を失墜させることで疑惑の本筋から目を逸らす手法のようにも見える。下村氏の会見で犯罪者扱いされた平氏は同日のネット番組で、「今日は大変苦しい、そして悔しい出来事がありました。事実ではありません」と反論、次のように全面否定した。

「今日、私の筆跡という資料が配布された。私は見ました。字は私の字ではありません。そして、その中に書かれていることは事実無根であります。また週刊誌にデータを渡したという話もありましたが、これも違います。その3点、しっかりと申し上げさせていただきます」

 さらに番組出演後の囲み取材で平氏は、「都民ファーストの会と協議しながら対応していく。名誉毀損など法的対応についても、ちゃんと具体的なかたちを取りたいと思います」と述べ、対決姿勢を露わにしたのだ。

 一方、下村氏もあいかわらず平氏を"犯罪者"扱いする姿勢を崩していない。7月2日、自民党本部で都議選開票にともなう下村氏の会見で、筆者が「(平氏は)『筆跡が違う』『あの文書(上申書)は偽造』と言って、会見内容を否定しているが」と聞くと、「必要であれば筆跡鑑定をして、しっかりと説明をしたいと思います。『先方が(筆跡が)違う』というのであれば、どんなふうにでも対応をしていただきたい」と法的措置を受けて立つ姿勢を示したのだ。

 いずれにしても、2人とも引くに引けない状態に陥っており、国会議員と都議の地位をかけて「ウソをついたのはどちらなのか」を争う訴訟となる可能性が高い。この問題をめぐって、自民党と都民ファーストの会とが全面対決する事態も十分に考えられるだろう。

 しかし、客観的に見ると、下村氏のほうがはるかに分が悪い。下村氏が配布した上申書が偽造文書なら「下村氏は選挙中にウソの情報を流して平氏を落選させようとした」として、逆に下村氏の公職選挙法違反の疑いが出てくる。一方、仮に上申書が本物だったとしても、下村氏の加計問題献金疑惑や収賄疑惑が消え去るわけではなく、逆に法廷闘争のなかで、平氏が下村事務所のさらなる疑惑を暴露する可能性があるからだ。実は平氏は先のネット番組で、自らが不正な行為に手を染めていたかのような意味深な発言をしていた。

「私自身、秘書として大変辛い経験もして参りました。政治を志し、政治家の秘書として働くなかで、自分の思いとは違うこともしなければならなかった。また、あることをなかったり、ないものをあるようにしたり、そういった流れが大変苦しいことがありました。『自分の居場所ではないのかな』と思っていたあのとき、『政治家になりたい』と思い、秘書になった、その政治家になる夢さえも忘れようとしていた。そんなときの(都知事選で当選した)小池知事のあの姿勢は本当に助けていただいた。遠くからでありましたが、私には英雄に見えました」「政治家を志し、25歳のときに秘書として働いた。あのときの気持ちをいま取り戻せております。もし(下村事務所で)あのまま秘書として働いていたら、自分はどんどん腐った自分になってしまうのではないかという思いもありました」(29日のネット番組)。

 ちなみに、この問題を小池百合子都知事にも聞いてみた。下村氏の問題を報じた「週刊文春」が発売された翌日の30日の定例会見、誰も質問しなかったので、最後の質問者への回答が終わった瞬間、筆者が指名されない状態で聞いてみたのだ。

──「文春」の報道について一言、お願いします。下村さん200万円の報道、元秘書の人がリークしたとされていますが。代表として一言。

小池知事 ちゃんと手を挙げて下さい。

──手を挙げているけど指してくれないじゃないですか。(記者を)選別しないで下さい。トランプ大統領みたいなことをしないで下さい。答えてくださいよ。「文春」の報道、下村さんの元秘書の方、候補者になっていますが、下村さんは昨日(29日)の会見で「(文春に)リークをした」と言っているのですが、実際はどうなのでしょうか。

小池知事 私は存じませんし、また下村さんもしっかりとご説明する責任を、ご自身もおっしゃっているように、しっかりと説明されるのだろうと思います。選挙後になるというふうに思います。

──加計問題の本質にかかわることではないのですか。

小池知事 加計問題もやはりお友だちでずっとやってこられたことの問題で、さっきの一元制、二元制ではないですけれども、やはり権力がそこに集中することによって歪みが出てくるという一つの表れだと思います。

 この問題にかぎっては、小池知事の発言に説得力があった。いずれにしても、下村元文科相の献金報道の今後の展開や平議員とのバトルは、加計学園問題の真相解明に大きな影響を与えるはずだ。その行方を注意深く見守りたい。
(横田 一)

横田 一 1957年生まれノンフィクション作家。東工大卒後、『漂流者たちの楽園』で90年ノンフィクション朝日ジャーナル大賞。その後、沖縄知事選、滋賀県知事選、新潟知事選などの重要選挙、政官業の癒着、公共事業を取材。『政治が歪める公共事業』『所沢 ダイオキシン報道』『亡国の首相安倍晋三』『新潟県知事選では、どうして大逆転が起こったのか』など著書多数。近著に『検証・小池都政』がある。このP132に「小池百合子都知事の会見指名回数順位("好意的記者"ランキング)」の一覧表を掲載、トランプ大統領と瓜二つの記者選別ぶりについて指摘をした。