10年総額39億円! 移籍が噂されるイタリア代表MFがナイキ社と新たにスポンサー契約

写真拡大

PSGの司令塔ヴェラッティ、来季からナイキのスパイクを着用することに

 サッカー選手がそのテクニックを発揮するための足下を支えているのがスパイクだ。

 様々なメーカーが新たな機能を開発し進化を続けているが、同時に広告塔としてのトップ選手との契約には巨額のスポンサーマネーが飛び交う。

 現在、移籍市場で去就問題の渦中にあるパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティは、どのチームでプレーするかよりも、どのメーカーのスパイクを使用するかが先に決まった。フランス紙「レキップ」が報じている。

 昨季までプーマのスパイクを使用していたヴェラッティだが、同紙によると来季からはナイキのスパイクを使用することに決まったという。そして、その契約期間は10シーズン。ヴェラッティは現在24歳のため、残りのキャリアのほとんどをナイキのスパイクとともに過ごすことになる。

 そして、その契約金額も超高額のものになったという。「レキップ」紙によると、ナイキとの契約は10年総額で3000万ユーロ(約39億円)とされる。年俸3億9000万円でも超高額選手の一人ということになるが、スパイクのみでその金額を受け取ることになった模様だ。

 プレーメーカーとして欧州屈指の才能と実力を持つヴェラッティは、移籍市場ではバルセロナ行きが最も高い可能性であると報じられている。ナイキの広告塔として巨額のスポンサーマネーを手にするヴェラッティは、新シーズンにその雄姿をどのクラブで見せることになるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images