U-20W杯を制したU-20イングランド代表【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

2014年のU-17欧州選手権優勝につづき…

 2017 FIFA U-20W杯を制したイングランド。ユース世代の大会とはいえ、1966年以来となる世界王者に輝いた。その要因にはイングランドサッカー協会(FA)が進めてきた育成改革がある。だがその成果が出ているいっぽうで、世界最高峰のリーグをもつ“母国”には大きな問題が残存している。(取材・文:山中忍【イングランド】)

----------

 イングランドで6月に40年ぶりの猛暑を記録した今年の夏。眩しく熱い“ゴールデン・サマー”は母国代表も同様だった。同月末に閉幕したU-21欧州選手権では、A代表新監督のガレス・サウスゲートが昨年途中まで率いていたチームが準決勝に進出。

 ドイツにPK戦で敗れた結末は悪い意味で相変わらずだが、その前には必勝だったポーランド戦で格下を確実に叩き(3-0)、良い意味で「イングランドらしくない」勝ちっぷりを披露した。

 そして、そのU-21代表で活躍したデマレイ・グレイ(レスター)らが、「発奮材料になった」と認めていたU-20W杯でのイングランド優勝。6月11日の決勝でベネズエラを下した(1-0)“ヤング・ライオンズ”は、ユースレベルとはいえ、1966年W杯優勝以来となる世界王者の肩書きを母国にもたらした。

 グループステージではアルゼンチンから3点差の勝利。決勝トーナメントでもイタリアから3得点を奪って勝ち上がった姿は王者に相応しいものだった。

 優勝チームの中核は2014年にU-17欧州選手権を制した当時の主力。

 要所でセーブを披露したGKフレディ・ウッドマン(ニューカッスル)、攻撃面でも貢献したSBジョンジョー・ケニー(エバートン)、足下の技術を持つルイス・クック(ボーンマス)とジョシュ・オノマ(トッテナム)の両センターハーフ、4ゴールで大会得点王となったFWドミニク・ソランケ(リバプール)は、3年前の決勝でも同じ4-2-3-1システムで並ぶ先発イレブンに名を連ねていた。

 順調にユースの階段を昇ってきた彼らと、全7試合に先発したCBフィカヨ・トモリ(チェルシー)らユース世代の新顔が達成した今夏の優勝は、育成改革の成果が見えた点においても特別な意義を持つ。

W杯でドイツに見せつけられた国産戦力の質と層の差

 イングランドFA(協会)が育成改革の新たな指針を正式に打ち出したのは5年前。端的に言えば、フィジカルではなくテクニックへと指導の重点を切り替えるべく、育成に関するシステムとコーチ陣の改善が図られることになった。

 同12年には、新たに指導者と代表選手の育成ハブとなるセント・ジョージズ・パークも開設されている。

 実際の育成は大半をクラブの下部組織に頼ることになるが、FAは10年W杯でドイツに国産戦力の質と層の差を見せつけられた直後から、プレミアリーグとの協調にも力を入れ始めていた。

 その一環として、やはり12年に実現したEPPP(エリート・プレーヤー・パフォーマンス・プラン)の導入がある。

 このエリート選手育成方針には、アカデミー運営に求められる費用の増加や、強豪によるユース選手引き抜きを助長しかねない育成賠償金の固定などに関して悲観的な声もあった。

 しかし、アカデミーの等級分けを従来の2段階から4段階へと厳密化し、潜在能力の高い若手により充実した育成環境を用意するメリットは否定し難い。

 好例が、過去5年間でFAユースカップ4連覇とUEFAユースリーグ2連覇を含む国内外計9冠と、アカデミー界でも勢力と化したチェルシー。

 8歳から所属していたソランケを含めれば、U-20W杯決勝のスタメンに3名を送り出し、U-21代表でもルーベン・ロフタス=チーク、ナサニエル・チャロバー、ルイス・ベイカーのMF陣がベスト4入りに貢献している。

 チェルシーのアカデミーは、EPPP下で最高ランクのカテゴリー1等級。夜間照明付きのピッチ、全天候型の屋内施設、スタッフのフルタイム雇用、一般教育プログラムの充実など、満たすべき条件は多く費用もかさむが、その見返りとして、アカデミーに1時間半以内で通える圏内という条件に縛られずに選手を入団させることを認められる。

 獲得したユース選手には、以前は週に2、3日に限られた指導を毎日行うことが許される。そこには、ハードとソフトの両面でエリート選手を養成しやすい仕組みが存在する。

「ブラックホール」とも呼ばれる巨大なギャップ

 U-20W杯決勝でチェルシーを凌ぐ4名がスタメン入りしたエバートンも、カテゴリー1のアカデミーを持つ。ビッグクラブではないスウォンジーが過去5年間でカテゴリー3から1へとアカデミーの等級を上げ、初のプレミア昇格を決めたばかりのブライトンもアカデミーは国内最高等級。

 いずれも、22年W杯優勝で“スリー・ライオンズ”復興を世に告げんとするFAをはじめ、イングランドのサッカー界にとっては朗報だ。

 但し、未来が薔薇色とまでは言えない。A代表が国際大会で成果を残すためには、巷で「大人の戦場」と呼ばれるトップチームでの経験が不可欠。ところがイングランドのトップレベルでは、ユースと1軍の間に「ブラックホール」とも呼ばれる巨大なギャップが存在するのだ。

“TVマネー”で潤うプレミアでは、ユース出身者の登用よりも即戦力の購入が優先される世界。この問題点に関してもチェルシーが代表例で、若手の大量レンタル放出やベンチ止まりが当たり前のクラブでは、U-20W杯で脚光を浴びたソランケにしても僅か15分間しか1軍のピッチを経験できなかった。

 昨季末、若手の起用に積極的なユルゲン・クロップ率いるリバプールへの移籍を決めた背景には、今時の若手にとっては高年俸よりも得難い出場機会への欲望があったに違いない。

 育成改革が実を結び始めているイングランドでは、アカデミーの成果物を磨くべき1軍で若手を仕上げる勇気と辛抱という意識改革が求められる。ユース代表が輝いた「黄金の夏」に差した将来への光を、例年のようにブラックホールで消滅させてはならない。

(取材・文:山中忍【イングランド】)

text by 山中忍