佐藤二朗

写真拡大

7日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、俳優・佐藤二朗が、過去の出演作での大きな失敗を明かした。

番組では、佐藤がダウンタウンらと東京・代々木の盛り場に赴いて本音トークを繰り広げた。そこで、佐藤は「役者人生最大の失敗」というトークテーマで、かつて女優・仲間由紀恵主演のドラマ「ごくせん3」(日本テレビ系)に出演した当時を振り返った。

役作りでは、スタッフサイドから「二朗さんは生瀬さんともそんなに身長も変わらないし、何か特徴を入れてくれ」という要望があったそう。

これに、佐藤は独特な話し口調だった高校時代の先生のクセを取り入れたキャラに仕上げたそうだ。

ところが、ドラマ第1話のオンエア直後に、佐藤へ当時のチーフマネジャーから「二朗さん、あの(演技)プランこだわりある?」と電話があったという。佐藤は要望に応えたつもりだと説明するも、マネジャーからは「あれ、やめた方がいい」と、理由を明かされぬまま指示されてしまったということだ。

結局、佐藤は、それから最終回にかけて徐々にその話し口調を弱めていったということだった。

【関連記事】
浜田雅功に叩かれ俳優・佐藤二朗が感動「母さん、役者になって良かった」
タカアンドトシのトシが裸芸に挑戦…お盆を落下させ股間にモザイク
小栗旬のNGシーンにドラマ共演者が苦言「何年役者やってるんだ」