これで49歳!美しいヌードを披露したセリーヌ・ディオン

写真拡大

 映画『タイタニック』の主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」などのヒット曲で知られ、日本でも人気の高いカナダ出身の歌手セリーヌ・ディオン(49)。美声と圧倒的な歌唱力で知られるセリーヌが今回、ヴォーグ誌の公式インスタグラムで美しいセクシーショットを披露した。

 セリーヌが椅子に座り、腕や足を交差させて何も身にまとっていないと思われる姿をカバーするようなポーズを取っている写真には、セリーヌにまつわるキャプションが添えられている。

「セリーヌ・ディオンがショーの合間に着替えつつ、考えにふける姿を激写。セリーヌはこの5年間(ラスベガスのショーに加え、現在のヨーロッパ・ミニツアーで)パフォーマンスのため特別なオートクチュールを着こなし続けてきました」

「夜に最低でも2時間、1週間に5日もしくは6日パフォーマンスし、踊って、礼儀正しくお辞儀をし、体全体で表現しステージをこなしています。それもキャットウォークまたはカーペットを歩くためにデザインされたハンドメイドで、手作業でビーズが縫い付けられた衣装を身にまとって」

「セリーヌのリクエストのため、いくつものファッションブランドがネバダ州へとそれぞれのチームを送り込みます。だいたい3回の試着の後、セリーヌ専用のアトリエで完璧に仕上げられます。アルマーニ・プリヴェ、スキャパレリ、ジャンバティスタ・ヴァリ、ヴェルサーチなど…これらはリストのごく一部です。全てのブランドとも言えるでしょう」

 49歳でしかも3人の息子がいるとは思えぬプロポーション! それにしても、これまでセクシーな姿を公にさらすことが少なかったセリーヌ。こんな大胆ショットを披露するなんて、どんな心境の変化?!

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>