小宮浩信(三四郎)

写真拡大

7日深夜放送の「有吉ジャポン」(TBS系)で、お笑いコンビ・三四郎小宮浩信が、六本木の夜の店「バーレスク東京」の盛況ぶりを興奮気味に伝えた。

番組では、東京・六本木でバブリー感を漂わせる同店の実態に小宮が迫った。月に1億円売り上げる同店には多くの水着美女が在籍するが、おさわりは禁止。あくまでショータイムでのパフォーマンスを楽しむ趣向となっている。リッチな店内の総工費は4億円とも言われる。

小宮が店に入るや、その雰囲気に一気に飲まれてしまい店専用のチップを購入し美女ダンサーの水着に差し込んでいた。小宮は「10分くらいで6万円使いましたよ」と鼻の下を伸ばしっきりで、ハイテンションのままVIP席に案内されていた。

スタジオでは、バブル時代を彷彿とさせる店内の景気良さに、有吉弘行が「本当に今かよ!? って思うよね?」とうなる。VTRには店内の女性全員に高級シャンパンを振る舞い、100万円を札束でポンと払う太客の様子も映し出されており、その客層にも驚いていた。

取材を終えた小宮もいやらしい笑顔で「最高ですよ!」「トータルで43万円使いましたから!」と衝撃の告白をしていた。

【関連記事】
内村光良の愛ある厳しさ 事務所の後輩・三四郎が告白「バーターを嫌う」
三四郎が漫才協会への誘いに難色「若い女の人の前でやっていきたい」
千秋 バブル時代にもらったクイズ番組の豪華賞品を明かす