船越英一郎

写真拡大

7日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、芸能リポーターの中西正男氏が、船越英一郎松居一代の夫婦仲悪化の時期を推測した。

番組では、船越と松居の離婚騒動を取り上げる中で「妻・松居のDVストレスで顔面麻痺!?船越英一郎が離婚を望む理由とは?」と題し、6日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の記事を元に、松居による船越へのDVの内容をまとめて紹介した。

その中で、司会の坂上忍は中西氏に「全部が全部、お互いの言ってることが、主張が、真逆になっちゃってる」と、DVの内容を含め、船越と松居が主張している内容が食い違っていることについての意見を求めた。

中西氏は「そうですね、客観的なところで話を聞くところによると…」と前置しながら、2013年ごろまでは、船越が女性とメールしていた携帯電話を松居が沸騰した鍋の中へ入れたといったエピソードを、笑いのネタとして番組などで語っていたと指摘した。

「ネタっぽく喋っている、ポップに喋っているってときは、まだ夫婦関係が、そこまで本当にギスギスはしていなかった」「2013年ころまではそういうエピソードトークもあった」と振り返る中西氏は、船越と松居は毎年正月に夫婦でハワイに行っていたことにも触れ「少なくともこの2年くらいはハワイにも一緒に行ってらっしゃらない」と指摘。「2013年、14年、15年、16年あたりで、ぐっと関係性が悪くなっていったんだろうと思われる」と解説していた。

【関連記事】
有吉弘行 土田晃之の一生に一度しか見たことがないレアな姿を暴露
おぎやはぎ 松居一代と船越英一郎の騒動に発言自粛「目付けられたくないし」
松居一代が過去にひんしゅくを買った発言 夫・船越英一郎と川島なお美さんの関係を暴露