今回は、男子がキュンとする女子のちょっとした言動に迫ります。気になっている男子が、ことあるごとにあなたの言動に胸キュンしてくれたら……もしかしたら彼と付き合えるかも♡



1. 用もなく、飲みや食事に誘われた時にきゅん♡


基本的に、人は誰かに誘われるとキュンとなりますよね? よほど嫌いな人でもいない限り、普通は誘ってくれたという事実に心温まるものです。だから、たとえば片思いの人は、彼を飲みに誘うとか、食事に誘うといいです。

誘い方のコツは?
片思いだと、自分の“好き”という気持ちを彼にどう伝えるべきか? というところに気持ちがいってしまい、誘うのが恥ずかしかったりもすると思います。
そういう時は、自分のことではなく相手のことをまず考えてみるのです。すると人は“誘われたらうれしい”という、ごくシンプルな事実が再認識できます。つまり相手になんらかのメリットを与えるように動くことができるのです。

中には、誘われてもうれしくないという人もいると思います。そういう人は、もっと他者に対して感謝の気持ちを持つべきでしょう。人が誘ってくれるというのは、ありがたいこと、つまりレアなことです。誘われたらまずは「ラッキー!」と思えるようじゃないと、感謝の心があるとは言えません。

2. 自分の味方だと感じた時にきゅん♡



男性脳ってわりとシンプルにできていて、男は“敵か味方か”で相手を判断します。つまり、あなたが彼にとって味方であるという事実をちゃんと伝えることができれば、彼はそれだけできゅんとします。

彼を応援してあげよう!
こちらも、あなたがよほど彼に嫌われていない限り、確実に彼はきゅんとなります。彼にとってどういう人が味方なのか? たとえば仕事を応援してくれる人は、彼にとって味方です。男って、仕事を“一生のもの”と重たく捉える傾向があるので、「彼の仕事=彼の人生」です。生き方を応援してくれる人って、ありがたいですよね? 応援してくれたらきゅんとしますよね?

若いとどうしてもキラキラした恋が優先で、彼の仕事や生き方に思いをはせることが後回しになるのかもしれませんが、男子は常に「自分のことを応援してくれている女子かどうか」という見方をしています。だから、やたらさみしがり屋で、いつも構ってちゃんで、構うたびにお金がかかりすぎる女子は、男子に選ばれづらいのです。選ばれたとしても遊ばれて終わるのです。

3. 「○○くんだけに……」という特別感にきゅん♡



これも、人間の基本的な傾向です。エコヒイキされたら、誰だってうれしいですよね? 男子にとって、女子からエコヒイキされるというのは、ある意味では永遠の憧れでもあります。
中高生のころ、かっこいい男子が女子たちにチヤホヤされて、場合によってはエコヒイキされていたのを、多くの男子は横目で見て知っています。「おれも女子にエコヒイキされたい」と言わないまでも、そう強く心に願いつつ大きくなったのです。

ちょっとしたサプライズで好意を伝えよう
どこかに出かけたら、彼にお土産を買ってきてあげるとか、そういう具体的なところから始めてみてはいかがでしょうか。もっと色っぽいエコヒイキに、当然ボディタッチがあります。「彼女がおれの膝を触ってくれた!」……こういうサプライズは、いつの時代も男心にグサッときます。が、ボディタッチをする勇気がない女子もいるでしょうから、できることからやっていくといいと思います。

いかがでしょうか。
彼をきゅんとさせることって、じつはそう難しいことではありません。男の基本はきわめて単純だからです。なので、あまりごちゃごちゃ難しく考えることなく、ご紹介したことをごくシンプルに実践してみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう/studio woofoo)