C・ロナウドの超特注“宝石”スパイクを展示 米メディア「唯一無二のカスタマイズ」

写真拡大

スワロフスキーの白、深い青、ゴールドと様々な配色の宝石を使用

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは圧倒的な決定力を発揮するとともに、オフ・ザ・ピッチでの華やかな生活ぶりにも注目が集まるが、全て宝石であしらわれた超特注スパイクを故郷のロナウド博物館に展示しているという。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が伝えるところによると、特注スパイクはトクンボ・ダニエル氏によってマンチェスター・ユナイテッド、そしてレアルでの偉業を讃えるために製作された。

 ロナウドと言えば大手スポーツメーカー「ナイキ」のスパイクを着用していることでお馴染みだが、ナイキのトレードマークであるスウォッシュマークはもちろん、ロナウドの代名詞である「CR7」の数字、「La Liga」や「Premiere League」の文字、そして首上からのたくましさに満ちたロナウドの表情が描かれている。これは全て有名クリスタルジュエリーで知られる「スワロフスキー」の白、深い青、ゴールドと様々な配色の宝石を使っている。

 同局はこのゴージャスすぎるスパイクに「自身のエゴをさらに強めるかのように、唯一無二のカスタマイズが施されたサッカースパイクを授与した」と記している。誇り高きゴールマシン、ロナウドらしい超高級スパイクは、どれだけの人々が目にするのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Daniel Tokunbo公式インスタグラムで投稿されたC・ロナウドの特注“超高級スパイク”

Daniel Tokunbo公式インスタグラムで投稿されたC・ロナウドの特注“超高級スパイク”