AppleによるGPUの独自開発は、それまで同社にGPUを供給していたImagination Technologiesに大きな影響を与えました。仮にGPUを自社開発するとしても、ロイヤリティの支払いは続けていくべきだ、とImagination Technologies側は主張していますが、なかなかAppleは首を縦に振りません。

Imaginationの対応に失望とAppleは反論

iOS製品にGPUを供給するImagination Technologies(以下Imagination)に対し、Appleが契約終了を通告し独自でGPU開発に乗り出すとした件で、Imagination側は「自分たちの特許がなければ、新たなGPUの開発はできない」と述べていました。
 
一方でAppleは新たに声明を発表、「我々は彼らの対応に失望している。不正確でミスリーディングな内容だ」と、Immaginationの言い分を認めない方針を改めて明らかにしています。
 
総売上の50%をAppleからの受注に頼るImaginationにとって、Appleからの契約を失うことは死活問題です。事実、Appleが契約終了を通告した際は、一夜にしてImaginationの株価は41%も下落しました。

食い違う両社の言い分

Imaginationのアンドリュー・ヒース最高経営責任者(CEO)は「今年3月の終わりになって、Appleから突然『2018年もしくは2019年前半には、特許を使わずに製品をリリースする予定だ』と伝えられた」と述べています。
 
しかしApple側は、2015年の時点でImaginationの最新技術を使わないことなどを通して告知しており、2016年にも特許の使用規模を縮小するにあたって、ロイヤリティの引き下げ契約を取り交わしたではないか、と段階的なアプローチを採っていたことを強く主張しています。

Qualcommとの係争は規模が違う?

すでに、ImaginationとAppleのロイヤリティを巡る交渉は決裂しており、今年5月には紛争解決手続きに入ったことが分かっています。
 
現在Appleは、Qualcommとも係争中であるだけに、かつて懇意にしていたテクノロジー企業を複数相手にして戦わなければなりませんが、「Qualcommと比較すれば、Imaginationとの対決はマイナーリーグの野球のようなものだ」と、Bloombergの解説者は指摘しています。
 
 
Source:Bloomberg
(kihachi)