アップル研究家らが厳選、次期iPhoneに訪れる「25の重大変化」

写真拡大

年内に発売が期待されるiPhoneの次期モデルiPhone 8は、歴代の端末でリリース前のリーク情報が最も多いモデルだと言える。このほど、アップル関連のリークで知られる2人の人物が、新端末の機能に関する25件もの情報を新たに公開した。

この2人とは「地球上で最も優れたアップルのアナリスト」と呼ばれるKGI証券のMing-Chi Kuo と、ブルームバーグのMark Gurmanだ。彼らが公開した情報の中には、iPhone 7SとiPhone 7S Plusに関する情報も含まれている。

ここでは彼らによるリークを、「確度が高まった情報」と「新たに公開された情報」に分けて紹介しよう。

確度が高まった情報

1. アップルは、2017年中に3種類のiPhoneをリリースする。4.7インチのiPhone 7Sと5. 5インチのiPhone 7S Plusは液晶ディスプレイを、5.8インチのiPhone 8は有機ELディスプレイを搭載する。

2. iPhone 8では物理ホームボタンが廃止される。

3. iPhone 8のフロントカメラには3Dスキャン機能が搭載され、顔認識が可能になる。

4. iPhone 7Sはシングルレンズカメラで、2GB のRAMを搭載。

5. iPhone 7S Plusはデュアルカメラで、3GBのRAMを搭載。

6. iPhone 8はデュアルカメラで、3GBのRAMを搭載。

新たに公開された情報

7. iPhone 8の画面占有率は、マス市場向けスマホとしては最大になる。

8. Touch IDはiPhone 8に搭載されず、廃止される見込み。

9. iPhone 7Sと7S PlusにはTouch ID が搭載されるが、顔認証機能は搭載されない。

10. iPhone 7S、7S Plus、8のストレージオプションは、64GBと256GB の2種類で、128GBは提供されない。

11. iPhone 7S、7S PlusおよびiPhone8では、Lightningポートが継続されるが、急速充電に対応するためにUSB-C Power Deliveryチップが内蔵される。

12. iPhone 7S、7S PlusおよびiPhone8には、従来と同じく5W のUSB-A電源アダプターが同梱され、高速充電アダプターは別売りとなる。

13. iPhone 8では、スピーカー機能が強化されている(3モデルともに、イヤホンジャックは引き続き搭載されていない)

14. リリース時におけるPhone 8のカラーオプションは、iPhone 7SとiPhone 7S Plusに比べて少ない。

15. iPhone 7SとiPhone 7S Plusは、Qi規格のワイヤレス充電に対応するため、ボディにガラスとステンレスフレームを採用する。

16. iPhone 7S、7S Plus、iPhone 8でワイヤレス充電を行うには、別売りのアクセサリが必要となる。

17. バークレイズのアナリストが先週、iPhone 7S、7S Plus、iPhone 8には10WのUSB-C電源アダプターが同梱されると予想していたが、実際に同梱されるのはUSB-A Lightningケーブルだ。

18. iPhone 7S、7S Plus、iPhone 8では、ARパフォーマンスを高めるため、DRAM転送速度がiPhone 7に比べて10-15%向上している。

19. iPhone 7S、7S Plus、iPhone 8の発表は、最大のプロモーション効果を得るために同時期に行われる。

20. しかし、発売日はモデルごとに異なり、iPhone 7SとiPhone 7S Plusは8-9月頃、iPhone 8は10-11月になる予定。予想出荷台数は8000-8500万台で、液晶ディスプレイと有機ELディスプレイの比率は50:50になる見込み。

上記20本は全てKGI証券のKuoによる情報。下記にブルームバーグのGurmanが公開した情報をあげる。

21. Phone 8は指紋認証機能のTouch IDに対応しない

22. iPhone 8では高精度な顔認証機能によって「ロック解除」、「決済承認」「アプリ起動時の認証」が行える。

23. iPhone 8には新型3Dセンサーを利用した顔認証機能が搭載され、虹彩スキャンについてもテストを行っている。

24. iPhone 8には新しい10.5インチと12.9インチのiPad Proにも採用されている「ProMotionディスプレイ技術」が搭載される。この技術でリフレッシュレートを高めてパフォーマンスを向上させたり、下げることでバッテリー消費を減らすことができる。

25. iPhone 8にはAI専用チップの「Apple Neural Engine」が搭載されており、ProMotionやAIを扱う様々なタスクの処理が行える。

iPhone 8は、iPhone史上最高の売上を記録することが予想され、Kuoは「品薄状態が2018年中頃まで続く」と予想している。興味深いことに、KuoとGurmanはいずれもiPhone 8の解像度の向上や、「ファンクションエリア」の搭載、高額な価格設定については一言も触れていない。

新型iPhoneのリリースは、アップルにとって過去最大規模になると思われる。過去3世代がほとんど変わりばえしなかっただけに、新型iPhoneのリリースを待ちわびているファンは多いことだろう。