ドライブを楽しくおしゃれに演出する限定車

写真拡大

FCAジャパン(東京都港区)は、限定車「Fiat 500C Ivory Top(アイボリートップ)」を2017年7月8日に発売する。

トップから足元まで個性的な仕上がり

「Fiat 500C」は、ワンタッチで開閉する電動スライド式のソフトトップを装備し、開放感あふれるオープンエアドライブを気軽に楽しめる。

「500C Ivory Top」は、走る楽しさと低燃費を兼ね備えた2気筒TwinAirエンジンを搭載する「500C TwinAir Lounge」をベースとした限定車。通常は設定のないアイボリーカラーのソフトトップやエクステリアを引き立てる特別アイテムを装備しており、500Cの個性をより一層際立たせた。

ボディカラーはボサノバホワイトとパソドブレレッド、ブルーヴォラーレの3色をラインアップ。

標準モデルには設定のないボサノバホワイトのボディにアイボリールーフの組み合わせや、ブルーヴォラーレをベースとしたボディカラーなど限定車だけのコーディネートをセレクトできるという。また、12スポーク16インチアロイホイールやスタイリッシュなクロームミラーカバーも特別装備とし、トップから足元まで個性的な仕上がりとなった。

全国のフィアット正規ディーラーでボサノバホワイト40台、パソドブレレッド10台、ブルーヴォラーレ10台の合計60台限定で取り扱う。

価格は282万4200円(税込)。