画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●初々しい空気を大事に、感情移入しながら切ない役に挑戦

2017年7月3日より、スマートフォン用漫画アプリ・マンガボックスにてムサヲ氏が連載している同名コミックを原作とするTVアニメ『恋と嘘』の放送がスタートした。劇中で描かれるのは、超・少子化対策基本法("ゆかり法")に基づき、政府によって性格や遺伝子レベルで適合する結婚相手が決められる世界。この相手を伝える政府通知が満16歳以上になった少年少女に届き、以降彼らはそれに則った恋愛関係を結ぶことが求められる……。

主人公は、クラスでも人気の女子・高崎美咲に小学生時代から思いを寄せる、ごく普通の男子・根島由佳吏(ネジ/CV.逢坂良太)。彼は16歳の誕生日を迎える夜に美咲に長年の思いを伝えるのだが、そこで実は美咲の側も彼が好きだったことが判明する。相思相愛となった2人だが、その直後にネジに届いた政府通知で指定された相手は美咲ではなく、会ったこともない女子・真田莉々奈(CV.牧野由依)だった。初恋で相思相愛の相手を取るか、政府が決めた科学的にも相性が合致する相手を取るか、切ない人間関係が交錯していく。

そんなネジと互いに思い合っていながら、政府通知の相手には選ばれなかった美咲を演じるのが、声優・花澤香菜。この感傷的で複雑な役どころを彼女はどうやって演じているのか、そして様々な恋愛模様が繊細に描かれる本作をどのように見ているのか。「もし自身に政府通知が届いたら?」といったところまで、様々な視点で彼女が読み解く本作の世界観を、第6話まで収録を終えた段階で聞いた。

○男心くすぐる演じ甲斐ある可愛い子

――最初に原作を読んだ際の印象をお聞かせください。

16歳になると政府通知がきて、結婚する相手が決められるという設定にまずビックリしました。それを前提にした恋愛模様が描かれるので「絶対に切ない展開になるんだろうな」と。しかも美咲ちゃん視点で読んでいると本当に苦しいことばっかりで、切ない展開に苦しくなるのだけれど「すごく演じ甲斐があるんだろうな」と思いましたね。

――"ゆかり法"に対してはどんな印象をお持ちになりましたか。

ちょっと現実感があるような……でも、美咲ちゃんやネジくんもそうだけれど、恋愛していた人たちに対しての心のケアみたいなのはちょっと無視なんだなと思ったり、国が決めたことだからペナルティが存在するのかなと思ったり。そういったところも含めて、「なんと絶妙な設定なのだろうか」と感じました。

――では美咲を演じることが決まった時の感触はいかがでしたか。

原作を読んでいて、とにかく美咲ちゃんが可愛すぎて(笑)。何と言うか……私、男じゃないですけど「なんて男心をくすぐる女の子なんだろう」と!

――そうですよね、私もくすぐられました(笑)。

本当ですか!? くすぐられちゃいましたか(笑)。セリフと表情と絶妙な嘘の付き方、それがまた計算してなくて素晴らしいですよね。女子からも好かれるタイプだと思うんですよ。可愛いですし、ぶりっ子もしていないし、性格が良いから友達も多い方だと思います。心情を見ていてもすごく良い子だし、人のことを思って行動できるすごく思いやりのある子なので「なんて完璧なんだろう」と。演じるにあたっては「本心とは違うことを言っている時の加減がすごく難しいな」と思いながら、いつも取り組んでいますね。

○役作りは感情移入しながら

――切なさに引っ張られすぎないように、という感じでしょうか。

そうです。そこに引っ張られ過ぎると、視聴者の方に分かり過ぎちゃうし、ネジくんにも伝わっちゃいますので。莉々奈ちゃんにネジくんのことを話している時も、どこか少しストップをかけている自分がいると思うんですよね。でも、それを出し過ぎるのもいけない……というお芝居をしている私、花澤がいるという(笑)。すごく複雑なんですよね。だから演じてみて、改めて難しい役どころだなと思いました。

――そんな難しい役をどういう風に作っていらっしゃるのですか。

本作には結構、謎の多いキャラクターが多いんですよ。例えば仁坂くん。彼の過去は、あまり語られていないし、一体誰が好きなのかも分からないですよね。それに比べると、美咲ちゃんは、ネジくんが好きということも含め、割と色んなことが語られているので、原作を読み込んで感情移入しながら作っている感じですね。

――では、美咲に一番共感できる部分はどういうところになりますか。

どこだろうな……(深く考えて)そう! 1話で、初めてネジくんに自分の気持ちをぶつける場面がありますよね。ずぅーっと小学生の頃から溜まりに溜まっていた感情を……多分、あの時って大きくなってから面と向かってこんなに長く話したのは初めてくらいの時間だったと思うんですよ。その初々しい感じは、自分が学生時代に好きな子と話している、あのちょっとくすぐったくなるような空気を思い出しましたね。

○大事にしたのは初々しさの持つ空気感

――逆にご自身と一番遠いと感じた部分はどこでしょう?

美咲ちゃんは結構、大胆なんですよ。学生時代、初めての恋愛だからこそできる行動というか……「キスしよっか」っていうあのセリフ! 今は言えないですよね!? だから、ああいったセリフを見ていると「これ、どういう風に言おっかなぁ」ってちょっとニヤニヤしちゃいますね。そういう彼女の大胆さは、自分とやや離れたところで見ている感じがします。

――その大胆なところを演じるにあたって、どんな風に工夫なさりましたか。

あまり作為的にやってしまうと、きっと何か違うと思うんですよね。ネジくん役の逢坂くんとの温度感というか、2人ともソワソワドキドキしている中で出てしまった言葉という風にしたくて。なので「こう言おう」というよりは空気感の方を大事にしていますね。

――切ない、難しい役という言葉がよく出てきましたが、逆に楽しいとか「これは表現したい!」というのはどういった部分になりますか。

ネジくんが好きというテンションでお話する時の美咲ちゃんって、すごくキラキラしてるんですよね。切なさもあると言いましたけど、ネジくんをどうにか好きになってもらうために彼の魅力を莉々奈ちゃんに話していたのに、どんどん熱くなってきちゃって、力説していくところとか、美咲ちゃんの人間らしいところが出ていて、すごく良いなと感じています。「ここはもう没頭してお喋りしよう!」と思いましたね。

――花澤さんから見たネジくんはどんな男の子に見えますか?

「何かハッキリしないなぁ」とずっと思っていました。でも美咲ちゃん視点だと……彼女、ネジくんの一番好きなところは、つむじって言うんですよね。「つむじ!?」って最初はビックリしたんですけど(笑)。でも、それだけ小学校の頃からずぅーっと彼の背中を見続けて、きっと喋っていなくても彼の行動をいっぱい見ていて、滲み出る人の良さとかカッコ良さを感じてきたからこそ好きなんだろうと思うので、彼のその人柄も美咲ちゃん視点だと「良いんだろうな」と思ったりします(笑)。

●熱のあるドキドキ感を初体験、政府通知が届いたら

○時代が莉々奈に追いついていない!

――では莉々奈の方はどうですか。

莉々奈ちゃんは可愛いですよね! 本当に頭が良くて、ちゃんと理論立てて素直にそれをポンと出しているからこそ、周りに友達がいなかったりちょっと誤解されちゃったりする部分がある。でもそれって大人になると、だんだん皆分かってきて、多分、彼女の周りにはいっぱい人がいるようになるんじゃないかなと思うんですよね。だからまだ皆、莉々奈ちゃんに追いついてない、いや時代が莉々奈ちゃんに追いついてない! という感じがしています(笑)。そういう頭が良くて真っ直ぐなところの魅力がある女の子なんだというのは、牧野さんが演じているのを見て気付きました。漫画でだと、どうしても美咲ちゃん視点で読んでしまうので「ここでこんなこと言うの!?」とビックリしちゃう部分もあるんですけど、それも誰に対しても同じような言葉を向けられて、いつも純粋な心でいられるからこそなんだなと思いました。あとやっぱり……可愛い(笑)。

――ご自身が高校時代に美咲や莉々奈と出会っていたら、どちらと仲良くなると思いますか。

どっちかなぁー! 莉々奈ちゃんみたいな子がいたら、面白い答えをいっぱい持ってそうだから、めっちゃ話しかけちゃいますね。何か悩み事があったとして、それに対して美咲ちゃんは多分気を遣って答えてくれると思うんですけど、莉々奈ちゃんは割と心情入れずにバサッと言ってくれそう。そう考えると、美咲ちゃんも好きなんですけど、莉々奈ちゃんに興味が湧くと思いますね。

――ネジくんと仁坂くんならどうでしょう?

絶対、ネジくんの方が付き合いやすいと思いますね(笑)。仁坂くんはハッキリ言うタイプだし、イケメンは緊張しちゃうから。それに謎も多くて、彼がどんな気持ちでいるのかは分からないじゃないですか。だから話していて、ちょっとビクビクしちゃいそうですね。

○こんなにドキドキする作品に関わったのは初めて

――そんな彼らを演じる他の役者の方やスタッフさんとは、今回どういう風にチーム感を作っていってらっしゃるのですか。

実は、この現場で「はじめまして」という方はあんまりいなくて。それぞれがそうなので、最初から良い雰囲気でした。本編の前にプロモーションビデオを作ったんですね。そこでスタッフさんとも「この子はこういうキャラだよね」といったようなキャラクター決めもきっちりできたので、連携もしっかりしているなと思いますね。すっと入っていけました。それと(本作は)結構、キスシーンが多いんですよ。だからそこに皆でドキドキしながらアフレコしていますね。

――第6話まで演じてこられて、役者として関わったからこそ感じた作品の魅力はどんな部分になりますか?

いやぁ、やっぱり「切ないって美しいなぁ」と感じますね。それに、皆応援したくなっちゃうんですよね。入り込めば入り込むほどキャラに感情移入できて、自分の心も動かされていく。やっぱり物語の流れや設定がしっかりしていないとそういう風にはならないので、本当によくできた作品だと思いますね。それに、こんなに触れ合う場面が多い作品に取り組んだことって私は今までなかったので、演じながら「こんなにドキドキしちゃうんだ」と感じました。キスシーンも……ねぇ(と投げかける)、美咲ちゃんがめちゃくちゃドキドキしているし、その熱を持った感じが何度も訪れるんですよ。そんな「ドキドキするな」という感覚は、初めてかも知れないですね。

――そのドキドキの種類はシーンごとに変わっていくものなのでしょうか。

そうです、その場面によるんですよね。初めてのチューは思いの募った先のもので、ちょっと大胆なことを言ってしまった後の「もうどうにもなれ!」という感じだったり。2回目以降は「ちょっとやむを得ないみたいな、ここでしないと」という瞬間があったり、すごく罪悪感でいっぱいのチューもあったりとか。

――キスシーンで考えても、やはり美咲は切ない役どころですね。

あと美咲ちゃんは、良い感じではだけたりするんですよ。なので男子諸君は1人で見てほしいなと思いますね(笑)。それに美咲ちゃんも莉々奈ちゃんもネジくんも結構、囁くセリフが多いんですよ。だから1人でヘッドフォンを着けて、耳にダイレクトに響かせて、ニヤニヤしながら観ていただけたらと思っております(笑)。

○色々な恋愛模様を楽しんでほしい

――では、本作は実写映画にもなるということで、アニメならではの見どころをお聞かせください。

映画はまたネジくんたちとは違うカップルの話ということで――本当に「色んなスピンオフが作れるんじゃないか?」と思う世界観じゃないですか――なので、それはそれで楽しんでもらいたいです。アニメはちゃんと原作通りに進んでいくので、原作の読者さんたちには動いている皆を観られるというのは良いんじゃないかと思います。原作で言えば、美咲ちゃんには「こういうこと、言われたいな」とか「言ってみたいな」と思える、すごく魅力的なセリフがたくさんあるので、観ていただいて「これこれ! これが欲しかった!」と思ってもらえたとしたら、とても嬉しいです。ただ……その原作は終わってないんですよね。だから「どういう風になるのかな?」というワクワク感も楽しんでほしいです。またネジくんたちの恋愛模様が描かれる中で、例えば(厚生労働省の)矢嶋さんと一条さんのちょっと大人の恋愛もしっかり描かれますし、ネジくんの両親も「こういう理想の夫婦、良いよね」と思えるような会話があったりして……なので色んな年代、色んな人たちの恋愛模様が楽しめるんじゃないかなと思いますね。

――最後に、高校時代に花澤さんに政府通知が届いたらどういう風に行動していたと思いますか。

遺伝子レベルで(相性が)合うと言われているわけじゃないですか。だからやっぱり会いもしないで突っぱねることはしないと思います。話し合って「本当に合うなーこの人」と思ったら、そのまま突き進むと思いますね。

――でもネジくんのように既に他にも好きな人がいたとしたら?

それですよねぇ! 「どうしてくれるんだ!」って思っちゃいますよね(笑)。その時、恋愛してたら苦しいなぁ……でもちょっと、(相手が)どこにいるか調べてコソッと姿を見るくらいはするかも知れないですね(笑)。

■プロフィール

花澤香菜

1989年2月25日生まれ。東京都出身。幼少時より子役として活動し、2003年にTVアニメ『LAST EXILE』で声優としての活動をスタート。2009年に『化物語』(『〈物語〉シリーズ』)の千石撫子役に抜てきされ活動の幅を広げながら、2012年からはシンガーとしてもデビュー。ROUND TABLE・北川勝利や元Cymbalsの沖井礼二や矢野博康、カジヒデキといった"渋谷系"のアーティストから楽曲の提供を受け、精力的に活動する。近年に担当してきた主な役どころとして、『てーきゅう』シリーズの板東まりも、『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの常守朱、『凪のあすから』(2013年)の向井戸まなか、『3月のライオン』(2016〜17年)の川本ひなた、『夜は短し歩けよ乙女』(2017年)の"黒髪の乙女"などがある。本作では、主人公・根島由佳吏が思いを寄せる美女・高崎美咲役を務める。

(C)ムサヲ・講談社/政府通知普及委員会