原作のあのシーンが……! (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険
ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

写真拡大

 荒木飛呂彦氏の人気漫画を初めて実写映画化した「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の第3弾予告編が、このほど完成した。特殊能力“スタンド”による戦闘にスポットを当てており、主人公・東方仗助(山崎)のクレイジー・ダイヤモンドが壁を“ぶち壊し抜け”、即座に修復し難局を切り抜けるさまや、虹村形兆(岡田将生)のバッド・カンパニーが一斉射撃する模様などを収めている。

 シリーズ累計発行部数1億部を超える「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第4部「ダイヤモンドは砕けない」を、鬼才・三池崇史監督のメガホンで実写化。高校生の仗助が、杜王町の平穏を脅かす連続殺人鬼・アンジェロ(山田孝之)や、弓と矢を使い暗躍する形兆らと対峙し、スタンドを駆使した死闘を繰り広げる。

 映像ではそのほか、触れたものを治癒・再生するクレイジー・ダイヤモンドや、アンジェロの水と同化し強襲するアクア・ネックレス、虹村億泰(新田真剣佑)の空間を削り取るザ・ハンド、空条承太郎(伊勢谷友介)の時を止められるスタープラチナが躍動。劇中のスタンドバトルに、期待が高まる仕上がりだ。またバッド・カンパニーのミニチュア部隊が着ている迷彩柄は、原作者・荒木氏が今作のために描き下ろした特別ビジュアルだという。

 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は神木隆之介、小松菜奈、國村隼、観月ありさらが共演。8月4日から全国で公開される。