ヨルダン川西岸のヘブロン旧市街にある市場(2017年7月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)は7日、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)のヘブロン(Hebron)旧市街を世界危機遺産に登録することを投票で決定した。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)首相はユネスコの決定を批判し、国連(UN)への拠出金を100万ドル(約1億1400万円)削減すると表明した。

 イスラエル占領地に位置し、約20万人のパレスチナ人と数百人のイスラエル人入植者が居住するヘブロン旧市街には、イスラエル人から「族長たちの墓(Tomb of the Patriarchs)」または「マクペラの洞穴(Machpelah Cave)」、パレスチナ人から「イブラヒミ・モスク(Ibrahimi Mosque)」と呼ばれる史跡がある。

 同史跡には旧約聖書に登場する預言者アブラハム(Abraham)らが埋葬されたと信じられており、ユダヤ教とイスラム教の両方にとっての聖地となっている。

 パレスチナ側は、ユネスコの決定を外交上の勝利と称賛。一方のイスラエル側は、マクペラの洞穴とユダヤ人との関わりを否定するものだとして反発している。

 ネタニヤフ首相は、インターネット上で公開したヘブライ語の動画声明で「ユネスコによる新たな妄想的決断だ」と批判。「今度は、族長たちの墓をパレスチナの史跡であると決定した。ユダヤ史跡ではなく、しかも危険にさらされている」と非難した。
【翻訳編集】AFPBB News