表紙デザインもお洒落な新日本カレンダー『2mm grid notes』

 PCやスマホ、タブレットの普及によりペーパーレス化があらゆる場面で広がっている。簡単な備忘録から、学校の授業、ビジネス会議、商談まで、いまは手書きメモに頼らなくても情報端末に記録・保存できるソフトが進化している。大学の講義で板書をスマホ写真で撮り、すぐさまPDF化する学生が続出しているのも時代の流れといえるだろう。

 そんな“紙離れ”の影響をもろに受けているのがノート業界だ。昔ながらの学習帳や大学ノート、レポート用紙などを製造販売する某老舗ノートメーカーの担当者は、

「ノートの出荷量は平成に入ってから徐々に落ち始め、いまや全盛期の3分の1以下になってしまいました。普通に文房具店などの小売店に置いても売れないので、学校名や社名を冠したオリジナルノートや記念品などオーダーメイドに特化しています」

 と嘆く。だが、その一方でちょっとしたアイデアやデザインを施したり、紙の質を高めたりして注目を浴びるノートもある。7月7日まで東京ビッグサイトで開かれていた「国際 文具・紙製品展ISOT」で出展メーカーに最新ノートへのこだわりを聞いてみた。

「他社の方眼ノートといえば5mmや7mmが主流ですが、当社は目が小さい2mmにしているのが特徴です。5mmや7mmだとマス目を気にして自由に文字が書きづらかったり、文字の大きさや行間が変えにくかったりと不便さがありました。その点、2mmだと文字だけでなくイラストも書きやすく、それでいて曲がらずに行を埋めることもできます」

 こう話すのは、新日本カレンダーのマーケティング部担当者。大阪に本拠を置く同社は、社名の通り「日めくりカレンダー」をつくっている会社だが、そこに使われる超薄くて軽い「純白紙」を利用して365日書き込めるノートやメモ帳なども作成している。

 通常の2mm方眼ノート(A5/税抜450円)も紙の質にこだわっている。インクの吸収性に優れた「OKフールス紙」を採用。「根強い万年筆ブームもあって、値段に関係なく書き味を重視してノートを選ぶ消費者が増えてきた」(前出・担当者)という。

 徹底的に「書き心地」を追求したと自信を見せるのは、デザインフィル ミドリカンパニーがつくる「MDノート」だ。

「当社のMD用紙は1960年代にミドリオリジナルのダイアリー用紙として開発されて以降、品質改良を重ねてきた最高の筆記用紙です。インクにじみや裏抜けがしにくい紙であるのはもちろん、サラッとではなく“書く音”が聞こえるぐらいしっかりと書く感触が味わえるのが最大の特徴です」(同社の担当者)

 このMDノートはA5版で800円、文庫サイズでも600円もする高級品。「10年前に初めて売り出した時には、卸業者から『文庫サイズなら350円程度じゃないと売れない』と言われましたが、品質の良さを気に入っていただける人も増え、販売は好調です」(担当者)

 東京・新橋で活版印刷や特殊印刷を手掛ける河内屋は、8月よりメモ帳やノートなど「KUNISAWA」ブランドの高級文具を販売する予定だ。中でも、側面に金箔を貼りつけた天金加工のノートはA5版で何と3000円。もはや使い捨てにはできない代物だ。いったいどんなユーザーや用途を想定しているのか。

「主に男性ビジネスマンが他社との打ち合わせや大事な商談の時などに使ってほしいと思います。天金加工を施しているといっても、ベースの色は黒やグレーと派手ではないので、さりげなくインパクトを出せるノートです。

 男性は持ち物によって相手に与える印象が随分変わります。ノートといえども消耗品にまで気を配っていることが伝われば、得意先とのコミュニケーションや仕事がスムーズに進むかもしれませんしね。そんな、こだわり派ビジネスマンの“お助けアイテム”になってくれれば嬉しいです」(同社クリエイティブディレクター)

 ちなみに、同ブランドには付箋メモ(900円)やメモカバー、ペンケース、カードケースなども揃っているため、「気の利いたプレゼントにも最適」(前出ディレクター)と話す。

 その他、文具展では細かなアイデアで使い勝手を重視したノートも見られた。

 独創的なデジタル文具で定評のあるキングジムは、手がリングに触れて書きにくいリングノートのデメリットを解消すべく、中央のリングを外しただけの、その名も「リングノート テフレーヌ」(A5/税抜480円)を販売中。広報担当者によれば反響は上々だという。

 また、こんな“変わり種ノート”も。横書き罫線ノートの各ページ上部中央に「V」マークがついている「iha-note wiper」と名付けられたこのノートは、マーク表記だけで特許まで取っているという。

「横書きをするとき、ノートを無意識に左右に傾けて書いている人は多いですよね。ペンの持ち方や体の軸のタイプによってはそのほうが楽な場合もあります。そこで、肩あるいは肘に合わせて斜め置きしやすいように『V』マークをつけました」(伊葉ブランドの開発者)

 たかがノート、されどノートな逸品の数々。ますます紙離れが進む中、文具の必須アイテムとして再び存在感を表すことができるか。