Photo by cinemacafe.net

写真拡大

愛、欲、嘘、秘密、妬み、嫉み、憎しみ、復讐、背徳、裏切り、殺人――。様々な描写が渦巻くドロドロ劇と、登場人物が放つ独特のセリフが話題になっているオトナの土ドラ「屋根裏の恋人」が、この度、最終回を控え一足先にクランクアップを迎えた。撮影最終日は、主人公・衣香たち家族が“ある驚きの行動を取る”という最終話のシーンで終了。衣香役を演じた石田ひかりは「私が唯一、衣香に共感できたところかな。とても好きなシーンでした」と笑顔で語った。
ドラマは、18年前に姿を消した昔の恋人が突然、屋根裏に住み着き、平凡ながらも幸せな日々を送っていた主婦が、次々と衝撃の事実を突きつけられるドロドロ恋愛サスペンス。専業主婦の西條衣香役を石田さん、元恋人・瀬野樹役を今井翼、衣香の夫・誠役を勝村政信。そのほか高畑淳子、三浦理恵子、大友花恋らが出演する。

クランクアップを迎えた石田さんは、「とても楽しく充実した日々を送ることができました。正直、衣香に共感できる部分はあまりなかったですし、びっくりするようなセリフも多くて、最初は本当にどうしようかと思いました。でも、途中から演じるのがどんどん楽しくなってきて、衣香はヤミツキになる役でした」とコメント。また、衣香のイメージを最初に作ったのは中田秀夫監督だったと話し、「撮影する前に中田監督が代役で衣香を演じて見せてくださって(笑)あまりに中田監督が女性らしく生き生きと衣香を演じてくださっていたので、私もこういう風に演じればいいんだと演技への迷いがなくなりました」と撮影秘話も披露。

夫・誠役の勝村さんについては、「いつも冗談を言ってくださって本当に現場は楽しかったんですが、本番ギリギリまで私たちを笑わせるので困りました」と笑いつつ、「それなのにご自身はとてもセリフが多い中、いつも完璧に演じていらして驚くばかり。“勝村先輩、凄い!!”と、本当に思いました」と明かした。

さらに衣香が心から愛した18年前の恋人・瀬野樹役を演じた今井さんは、ナイトシーンでクランクアップ。バイオリンケースを持ち、哀愁漂う姿で夜の道を歩くシーンでカットがかかると、大勢のスタッフの拍手に包まれ、いつまでもスタッフと名残惜しそうに談笑していた。

そして本日8日(土)放送の第6話は、「裏切りという名の愛」。ついに、子どもたちの将来を見届けたら瀬野と一緒に生きて行く決意を固めた衣香に、夫・誠が杏子(三浦理恵子)との浮気を告白し、やり直して今後も結婚生活を続けていきたいと心から謝る。しかしそんなある夜、その誠に金融商品取引法違反の疑いがかかり西條家に家宅捜査が入るなど、息もつかせぬ怒涛の展開が繰り広げられる! 果たして、西條家はどうなってしまうのか? そして、衣香と瀬野の関係は…。

オトナの土ドラ「屋根裏の恋人」は毎週土曜日23時40分〜東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて放送。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
今井翼、独自の存在感が魅力!“オトナの色気”醸した「屋根裏の恋人」
高畑淳子、5キロ減量でベリーダンスに挑む!「屋根裏の恋人」
石田ひかり、今井翼と背徳ドロドロ恋愛ドラマ!鬼才・中田秀夫監督が演出
木村文乃&佐々木希&夏帆ら妖艶な毒放つ!ドラマポスター「伊藤くん」
斎藤工主演「最上の命医」が8月SP放送! 草刈正雄が立ちはだかる