デフォーも号泣…小児癌と戦ったマスコットキッズ、6歳で死去

写真拡大

『Sky Sports』など各メディアは7日、「ブラッドリー・ロウェリーくんが6歳で死去した」と報じた。

ブラッドリー・ロウェリーは昨季のプレミアリーグ、サンダーランド対エヴァートンの試合で大きな話題を集めた少年。

キックオフ前、彼のアイドルであるジャーメイン・デフォーと共にピッチに入り、会場に紹介された。

珍しい小児癌の一種である神経芽細胞腫に侵されており、わずか18ヶ月であった2013年1月から闘病生活を続けてきた。

試合後には対戦相手であったエヴァートンが20万ポンド(およそ2900万円)もの寄付を行い、アメリカでの治療を行うための資金を援助している。

集められた70万ポンド(およそ1億円)で先進的な抗体療法を受けることになったブラッドリーであるが、すでにその際には病状が末期に達していたという。

そして彼は故郷のニューカッスルに戻って緩和ケアを受けていたが、6月末に容態が悪化。6日に息を引き取ることになったとのことだ。

容態悪化の報を受けたデフォーは、先日の記者会見で「彼はいつも心の中にある」と話し、涙を流している。

また、サンダーランドやエヴァートンをはじめ、多くのクラブや選手がブラッドリー・ロウェリーの死を悼んだ。

なお、ブラッドリー・ロウェリー財団は集めた資金を他の癌に苦しむ子どもたちの支援に使っていく予定となっており、すでに10万ポンド(およそ1449万円)以上の金額を調達しているとのこと。