今秋に発表される見込みのiPhone 8には、現時点でデザインに関する有力な説が2つあります。双方にどんな特徴があるのかをまとめました。

「Touch ID廃止 or 画面内蔵」説

iPhone 8では画面を大型化するためにホームボタンが廃止されるので、これまでのiPhoneではその中に内蔵されていた、指紋を読み取るTouch IDセンサーも廃止されるか、画面に埋め込まれるタイプになるという説です。

この説では、iPhone 8は動画で紹介されているデザインになると考えられています。

Touch IDセンサーはどこにも見当たらず、iSightカメラは縦型になり、2つのレンズの間にTrue Toneフラッシュ・マイクを搭載。電源ボタンは大型化しています。

前面に目一杯広がる画面も特徴です。受話口やFaceTimeカメラが画面に出っ張り、左右の余白も画面になるようです。

「Touch IDを背面に搭載」説

もう1つの説が、画面に内蔵するのではなく、背面のAppleロゴの下にTouch IDセンサーを搭載するというもの。

この説ではiSightカメラの下にTrue Toneフラッシュやマイクが搭載され、画面は先述の説に比べて上下の縁が厚いようです。受話口やFaceTimeカメラは画面に出っ張りません。

どちらの説が有力なのか

「Touch ID廃止」とする説には異論もあります。AppleにとってTouch IDを廃止するメリットがなく、その代わりとして導入されるという顔認証ではApple Payに悪影響があると考えられているからです。
→ iPhone 8でTouch ID廃止、顔認証に移行

ただ、Touch IDセンサーを画面に内蔵するタイプのiPhone 8は技術的な課題に直面しているという情報があり、製品化できない可能性も指摘されています。

そこで有力になるのが「Touch IDを背面に搭載」とする説です。

画面の大型化のためにホームボタンを廃止するという噂が有力視されているので、画面内蔵型でない限り、Touch IDセンサーは前面に搭載できません。

Touch IDセンサーを廃止しないのであれば、残るのは空いている背面です。

ただ、Touch IDを背面に搭載したiPhone 8は初期の試作品だった、とする指摘もあり、その後どうなったのかは分かっていません。続報がほとんどない点も気になります。

直近の噂では、Touch IDセンサーを背面に搭載したiPhone 8が量産されている、と言われており、これが事実なら今後はこちらのタイプのiPhone 8の情報が多く出回ることになるでしょう。