【極秘情報】ドラゴンボールのクリリンの知られざる秘密11選 / 皮膚呼吸ができる特異体質

写真拡大 (全6枚)

世代を超えて、そして全世界でも親しまれ続けている漫画作品・ドラゴンボール。週刊少年ジャンプでの連載が終わってすでに20年以上経過しているのにもかかわらず、いまだにアニメが放映され、新作映画が制作されることもあるという、伝説の漫画作品だと呼べるのではないでしょうか。

ドラゴンボールの名脇役・クリリン



ドラゴンボールが多くの人に親しまれている要因のひとつに、個性豊かなキャラクターがたくさん登場しているということもあげられるのではないでしょうか。その中でも作品の初期から登場し、悟空のライバルでありながら大親友のクリリンはファンからも根強い人気があるキャラクターだと言えるでしょう。

クリリンの知られざる秘密を発表



今回はそんなクリリンに関する秘密をたっぷりとお届けいたします。果たして皆さんはいったいいくつご存知でしょうか。



1. 一番多く死んでいるキャラクター

作中で最も死のシーンを描かれたキャラクターはクリリンとチャオズで、その数はなんと3回。さらにクリリンはアニメ「ドラゴンボールGT」でも一度死んでしまっているため、それも含めると計4回も死んでしまったということになるのです。

2. 地球人で一番強い

ドラゴンボールの世界の中で、地球人で一番強いのはクリリンです。作中ではヤムチャがクリリンの娘のマーロンに「お父さんは地球で一番強い」と話しかける場面がありましたが、これはあくまでヤムチャの意見であり、ファンの間ではよく議論となっていました。ところが、作者の鳥山明さんもクリリンが一番強いと発言したことがあるため、地球人で一番強いのはクリリンだと断言して間違いないでしょう。



3. クリリンの趣味はカラオケ

作中ではまったく描かれることはありませんでしたが、集英社が発行した「DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編」の「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 8 クリリン」の中で、クリリンの趣味はカラオケだとされています。こちらの書籍では他にも好きな乗り物はスポーツカー、好きな食べ物は中華バイキングと、意外な事実が明らかにされました。

4. 身長は成人時でも153cm

クリリンは背の低いキャラクターとして認知されていますが、身長が伸びた青年期でもわずか153センチしかありません。日本人の成人男性でも170cm前後だと言われているので、かなり小柄だと言えるでしょう。

5. 最終的に警察官になった

クリリンは魔人ブウとの戦いを終えた後、警察官に転職しました。もともと正義感が強く、頭のキレるキャラクターだったため、クリリンにとって警察官の仕事は天職かもしれませんね。ちなみに、警察官の試験には2回ほど失敗してしまっているようです。



6. 1回登場して終わる予定だった

作者の鳥山明さんの中では、クリリンは1回登場させて終わる予定のキャラクターだったそうです。そのため名前の由来も特になく、語感だけで付けられたとされています。娘の名前が「マーロン」なので、栗に関連した由来があるのかと思いきや、それは後付けされた設定だったのです。

7. 鼻がないけど鼻クソは出る

クリリンには鼻がありませんが、鼻クソを飛ばしたり、ニオイを嗅ぐことができます。また、鼻がなくても平気なのはクリリンが特異体質で、皮膚呼吸ができるからだと噂されています。

8. 結婚できたのは作者からのお情け

クリリンは物語の後半で人造人間18号と結婚して幸せな家庭を築きましたが、これは作者の鳥山明さんが、主要キャラクターなのに3度も死ぬなど酷い目にあうことが多いため「たまにはいい思いをさせてやらないと」という計らいで結婚させることにしたのだといいます。

9. 鳥山明さんのお気に入り

鳥山明さんはお気に入りのキャラクター、好きな戦士としてクリリンの名前をあげています。その理由は「いやいやながらも頑張っている感じが好き」「手を抜いて描いたキャラなのに、いつの間にか悟空の親友になっていた」とのことです。



10. ミスターサタンと同い年

作品の後半に登場する格闘技の世界チャンピオン・ミスターサタンとクリリンはなんと同い年という設定になっています。老け顔のミスターサタンと童顔のクリリンが同い年とはあまりにも意外ですよね。

11. ゲームに登場した謎のキャラクター

ドラゴンボールはファミコンやスーパーファミコンを始め、様々なハードで何度もゲーム化を果たしていますが、その記念すべき第1作となる「ドラゴンボール 神龍の謎」の11面に、クリリンが化物のようになった謎の敵キャラクター「クリリアン」が登場しています。

攻略本に鳥山明さんがイラストを描き下ろしたこともあるため、バンダイが勝手に作ったキャラクターということではなさそうですが、もちろん漫画作品にもアニメにも登場していませんし、ラストステージの敵キャラが「ウンチ」だったりするほどの適当さがある作品なので、きっと深い意味はないのでしょう。



さらなる活躍に期待!



以上、クリリンにまつわる秘密をお届けいたしました。現在もアニメ「ドラゴンボール超」の放送が続き、オリジナルのストーリーが描かれ続けていますが、やはり作中ではクリリンが名脇役として活躍するシーンが目立ちます。作品が愛され続けていく限り、クリリンは幅広い世代から親しまれ続けていくことでしょう。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/