英語が小3から「外国語活動」、 小5から「正式教科」へ! しかし、ここに、大問題が潜んでいる!

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第4刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

ここが大きな間違い

 これからの英語の授業は、これまでの丸暗記、テスト重視の採点型授業ではなく、「主体的・対話的で深い学び(=アクティブ・ラーニング)」になります。

 まもなく、学校の英語は劇的に変わります。
 最大のポイントは、これまでの文法重視の受験英語ではなく、使える英語に求められる「読む、聞く、話す、書く」4技能の習得になることです。

 現行の「大学入試センター試験」も廃止され、それに変わる新しい試験が導入されます。
 そこで実施される英語テストでも、従来の「読む」「書く」だけでなく、「聞く」「話す」も含めた4技能が評価されるようになります。

「中学の英語は中学になったら始めればいい」
「大学受験の勉強は、高校になったら準備すればいい」
「ウチの子どもはまだ小さいから、大学受験なんてまだまだ先の話」

 それは大きな間違いです。

 今回、全教科で「幼児教育から高等学校教育までを見通して、一貫した教育目標や教育内容の取り組みを行う」という方向性が掲げられているからです。

 つまり小学校で学ぶ英語も、中学・高校の英語も、同じ1本のレールに乗っかっているということ。そのレールはさらに先の将来までつながっていきます。

 そもそも、世界で通じる英語に、「日本の中学英語」「日本の受験英語」「〇〇大学対策英語」などというカテゴリはないのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)