近藤 宣之(Nobuyuki Kondo)  株式会社日本レーザー代表取締役社長。1994年、主力銀行から見放された子会社の株式会社日本レーザー社長に就任。人を大切にしながら利益を上げる改革で、就任1年目から黒字化させ、現在まで23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導く。2007年、ファンドを入れずに役員・正社員・嘱託社員が株主となる日本初の「MEBO」を実施。親会社から完全独立。現役社長でありながら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾、慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールなど年50回講演。東京商工会議所1号議員。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」など受賞多数。  【日本レーザーHP】 www.japanlaser.co.jp/  【夢と志の経営】 info.japanlaser.co.jp/

写真拡大

◎倒産寸前「7度の崖っぷち」から年商4倍、23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロ!
◎「赤字は犯罪」&「黒字化は社員のモチベーションが10割」と断言!
◎学歴、国籍、性別、年齢不問! ダイバーシティで女性管理職3割!
◎「2-6-2」の「下位20%」は宝! 70歳まで生涯雇用!
……こんな会社が東京・西早稲田にあるのをご存じだろうか?
現役社長の傍ら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾から慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールまで年50回講演する日本レーザー社長、近藤宣之氏の書籍『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』が話題。発売早々第8刷となった。
なんと、政府がこれから目指す施策を20年以上前から実践している小さな会社があった! 「7度の崖っぷち」からの大復活! 一体、どんな会社なのか?

MEBOが成功した背景

 確かに、MEBO(本書 参照)は、組織の一体感を醸成する要因のひとつです。 しかし、MEBOという制度を導入すれば、どんな会社でも一体感が生まれるのかと言えば、そんなことはないと思います。

 日本レーザーに一体感があるのは、「MEBOをする前」から理念経営に力を入れ、方針を共有し、「土台」をつくってきたからです。

「人を大切にする経営をするためには、会社は必ず利益を出さなければならない。なぜなら、利益は雇用の手段だからである。利益がなければ、人を採用することも雇用し続けることもできない」

 こうした私の思いを社員が共有しているからこそ、MEBOは成功したのです。

ハイテクながらアナログな社風

 システム機器部の主任である冨田恭平は、名古屋大学出身です。
 彼が学生だった頃、当社の鶴田逸人は、名古屋大学に「ナノスクライブ」というレーザー描画装置を納入していました。

 鶴田から、
「名古屋大学に、冨田という優秀な大学院生がいる」
 という報告を受けた私は、冨田に声をかけてみることにしました。

「当時の私はまだ院生で、社会人として働く姿がイメージできませんでしたが、それでも、日本レーザーには、自由に動ける雰囲気を感じたんですね。それに、鶴田さんが『うちの会社、みんなやさしいよ』とおっしゃっていたのが印象的でした」(冨田)

レーザー機器のようなハイテクは、「やさしさ」といったアナログ的な感覚とは対照的に思えます。
 けれど、日本レーザーの社員は、家族的なやさしさを持っています。
 英語を道具としてハイテク機器を扱い、技術の最先端で活躍しながら、社員の心根はアナログで家族的。
 それが日本レーザーの大きな特徴と言えるでしょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)