画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が、主演映画『鋼の錬金術師』(12月1日公開)のワールド弾丸ツアー第2弾として、フランス・パリで現地時間7日に行われた「第18回ジャパンエキスポ」に、本田翼、曽利文彦監督と登場した。

原作は、2001年から2010年にかけて『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載されたシリーズ累計7,000万部突破の人気漫画。亡き母を生き返らせようと、禁忌を犯した挑んだ”人体錬成”に失敗し、左脚と右腕を失った兄エドワード・エルリック(山田)と、身体全部を持って行かれ鎧に魂を定着させた弟アルフォンス・エルリックの物語を描く。

ワールド弾丸ツアー第1弾でアメリカ・ロサンゼルスを訪れた山田&曽利監督に、パリでウィンリィ役の本田が合流。日本のカルチャーファンが集うジャパンエキスポの中でも、約4,000名を収容する最大ステージに海外ファンが超満員で押し寄せた。山田はイベント前日に「パリは錬成したくてたまらない街ですね、映画を撮影したイタリアもカメラを通して見ると、とても絵力がありましたが、パリも街並みが綺麗なので、魅力的な場所という印象です」と語り、本田から「エド目線ですね、やっぱり役が抜けないんですね」と相槌が入ると、「もう1年半も引きずっていますから」と笑顔を見せた。

山田らがイベントに登場すると、観客からは大歓声。司会者から「日本では七夕という日だ」と紹介された山田は、「ハガレンが今よりもっと愛して貰えますように!!」と書かれた短冊を吊るした竹を見せた。そしてフランス語で「ボンジュール、私は山田涼介です。お越し頂きありがとうございました。楽しんで下さい」と挨拶した。

山田は「ロスも盛り上がっていましたけれど、こことは雰囲気が違うというか。LAにはLAのよさがありますが、パリはもっとすごいですね」と驚いた様子。特別フッテージ映像が上映されると、会場からは熱気のこもった歓喜の声がおこり、上映後に山田が「めちゃくちゃ嬉しかったです。観たままの感動をくれたので。イメージ通りでしたか?」と語りかけると会場中は大歓声に包まれた。

イタリア撮影の様子を聞かれた山田は「イタリアは初めてだったんですけど、漫画のままの世界感だったので、真っ赤なマントを着て歩くというのは日本だったらあり得ないですけど、イタリアだったら馴染めたので、楽しかったです」と答えた。また監督は、日本では人が集まってしまうスターの撮影に、イタリアなら大丈夫かと思ったものの「イタリアにも彼らのファンがいてなかなか難しかったです。ヨーロッパでも山田さんと本田さんは人気があるのだと思いました」とワールドワイドなファン層を持つ出演者陣への驚きを明かした。

会場に集まったファンとの質疑応答もあり、盛りだくさんでイベントを終えた3人は、そのまま海外メディアが約30媒体も集結した「ジャパンエキスポ公式記者会見」に臨んだ。山田は「熱気がとにかくすごかったですね。日本のアニメがどれだけ愛されているかを実感しました」としみじみ。本田は「パリのみなさんがとても楽しそうにしてくださるのを見て嬉しかったです。この作品がパリでも愛されるのかな、という予兆を感じました」と自信をつけた様子だった。