バレンシアがユベントスからGKネトを獲得、4年契約締結

写真拡大

▽バレンシアは7日、ユベントスの元ブラジル代表GKネト(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までで、移籍金は『フットボール・イタリア』によれば700万ユーロ(約9億1000万円)+ボーナスで200万ユーロ(約2億6000万円)が追加されるとのことだ。

▽フィオレンティーナで正GKとして活躍したネトは、2015年夏にフリーでユベントスへ移籍。ユベントスでは絶対的守護神ジャンルイジ・ブッフォンの前に第2GKに甘んじ、公式戦出場は22試合に留まったが、コッパ・イタリアの連覇に大きく貢献していた。

▽バレンシアでは“最強のPKストッパー”の異名を持つブラジル代表GKジエゴ・アウベス(32)に対し、セビージャやマンチェスター・シティが獲得に興味を持っており、ネトが正GKの座に就く可能性があるかもしれない。