セリエA初昇格のベネヴェント、昇格PO決勝で決勝弾のFWプシュカシュをインテルから再レンタルで獲得

写真拡大

▽来季からセリエAに昇格するベネヴェントは7日、2016-17シーズンに引き続きインテルからU-21ルーマニア代表FWゲオルゲ・プシュカシュ(21)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。

▽2013年に母国のリバティ・オラデアからインテルに加入したプシュカシュは、2015年2月に行われたサッスオーロ戦でセリエAデビューを飾った。しかし、その後はリザーブチームでのプレーが続くと、2015-16シーズンはバリーにレンタル移籍。

▽2016-17シーズンはベネヴェントにレンタルで加入すると、リーグ戦17試合に出場し4ゴールをマーク。さらにセリエA昇格プレーオフでは、決勝戦2ndレグのカルピ戦で値千金のゴールを奪い、クラブ史上初のセリエA昇格に大きく貢献した。