シュアン・シージュン/土居美咲は全仏準優勝ペアから金星ならず、2回戦で敗退 [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)の女子ダブルス2回戦で、シュアン・シージュン(台湾)/土居美咲(ミキハウス)は全仏オープン準優勝ペアで第8シードのアシュリー・バーティ/ケーシー・デラクア(ともにオーストラリア)に6-3 3-6 8-10で敗れた。試合時間は2時間32分。

 シュアンと土居のコンビは、今大会で5度目のダブルス出場。全仏オープン(フランス・パリ/クレーコート)では1回戦を第1セット途中でリタイアしていた。今大会の1回戦ではオクサーナ・カラシニコワ(グルジア)/フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)を6-4 6-1で破り、同ペアでのグランドスラム初勝利を挙げていた。

 シングルスに出場していた土居は、1回戦でキルステン・フリプケンス(ベルギー)に4-6 3-6で敗れていた。

 バーティ/デラクアは3回戦で、エリーゼ・メルテンス(ベルギー)/デミ・シヒュース(オランダ)と対戦する。メルテンス/シヒュースは2回戦で、ナディア・ キッシャノック/オルガ・サブチュク(ともにウクライナ)を6-4 6-4で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の女子ダブルス2回戦で全仏準優勝ペアのアシュリー・バーティ/ケーシー・デラクアに敗れたシュアン・シージュン(左)/土居美咲