▽モンテディオ山形は7日、違反行為を犯したサポーターの処分について発表した。

▽山形の発表によれば、7月1日(土)にNDソフトスタジアム山形で開催された明治安田生命J2リーグ第21節の町田ゼルビア戦において、試合終了後にホーム自由席内にて観戦者1名による乱暴な行為があったとのこと。

▽山形はこのサポーターに対する処分として、「京都サンガF.C.戦(2017年9月9日(土)または9月10日(日)開催)までのホームゲーム5試合の入場禁止(この期間のアウェイゲームを含む)」と発表している。

▽山形は公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。

「試合を観戦されたみなさま、関係者の方々に、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。尚、弊クラブとしましては、再発防止のため警備体制の強化を図ると共に、公式ホームページ、場内放送やマッチディプログラムなどで禁止行為の再徹底を促し、安全で快適なスタジアムづくりを目指して参ります。サポーターの皆様におかれましては、今一度、禁止行為についてご確認いただき、観戦ルールの順守をお願い申し上げます」