ガルシアがブレングルを下してベスト16進出一番乗り [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)の女子シングルス3回戦で、第21シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)がマディソン・ブレングル(アメリカ)を6-4 6-3で破り、ベスト16進出一番乗りを決めた。試合時間は1時間17分。

 ウィンブルドンに5年連続出場となるガルシアは、2014年の3回戦進出がこれまでの最高成績だった。昨年は2回戦で、カテリーナ・シニアコバ(チェコ)に6-4 4-6 1-6で敗れていた。6月の全仏オープン(フランス・パリ/クレーコート)では、グランドスラム初の8強入りを果たしている。

 ガルシアは4回戦で、第6シードのジョハナ・コンタ(イギリス)とマリア・サカーリ(ギリシャ)の勝者と対戦する。

 そのほかの試合では、第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と元世界ナンバーワンのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が勝ち上がり、4回戦での対戦が決まった。昨年8強入りを果たした第6シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)は、第27シードのアナ・コニュ(クロアチア)に6-7(3) 6-3 4-6で敗れた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

◇   ◇   ◇

【女子シングルス3回戦 主な試合結果】

○72アナ・コニュ(クロアチア)[27] 7-6(3) 3-6 6-4 ●65ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)[8]

○105カロリーヌ・ガルシア(フランス)[21] 6-4 6-3 ●109マディソン・ブレングル(アメリカ)

○115ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)3-6 6-1 6-4 ●118ヘザー・ワトソン(イギリス)[WC]

○128シモナ・ハレプ(ルーマニア)[2] 6-4 7-6(7) ●124ペン・シューアイ(中国)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の女子シングルス3回戦でマディソン・ブレングルを破り、初のベスト16進出を決めたカロリーヌ・ガルシア
Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 07: Caroline Garcia of France plays a forehand during the Ladies Singles third round match against Madison Brengle of The Unites States on day five of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club aon July 7, 2017 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)