中国は1985年12月12日に、「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に加盟し、87年には、中国の「万里の長城」、「莫高窟」、「北京と瀋陽の明・清王朝皇宮」など計6カ所が一挙に「世界遺産リスト」に登録された。

写真拡大

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第41回世界遺産委員会が現地時間2日夜、ポーランド・クラクフで12日までの11日間の日程で開幕した。中国からは、青海省の無人地帯で原始的な自然状態がほぼ完璧に維持されている可可西里(フフシル)が自然遺産として、アモイ・デコ様式発祥の地として、それを体現した優れた建築物群が残る福建省の鼓浪嶼(コロンス島)が文化遺産として審査される。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

中国は1985年12月12日に、「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に加盟し、87年には、中国の「万里の長城」、「莫高窟」、「北京と瀋陽の明・清王朝皇宮」、「秦始皇帝陵及び兵馬俑坑」、「周口店の北京原人遺跡」など計6カ所が一挙に「世界遺産リスト」に登録された。

中国の「世界遺産」の数は現在、50件に達している。うち、甘粛省敦煌市の近郊にある仏教遺跡「莫高窟」は、 「千仏洞」とも呼ばれ、735の洞窟があり、壁には一面に壁画が描かれ、総面積は4万5000平方メートルになる。それらミステリアスな情景は、実際に目にする観光客らを驚嘆させており、諸仏の周囲を飛行遊泳し、礼賛する天人「飛天」は同地の代名詞にもなっている。また、雄大でスケールの大きな「万里の長城」は、世界遺産の中でも重要な位置を占めている。

50の世界遺産のうち、古城や古村落も行ってみる価値のある場所だ。例えば、山西省中部に位置する平遥県にある平遥古城は、周朝の第11代王・宣王(西暦前827-782年)の時代に建設され、「最も保存状態の良い四大古城の一つ」と言われている。古城内には、住居が立ち並び、軸線が明確で、精巧な木彫り、レンガ彫り、石彫りに、郷土色豊かな窓飾りの切り絵が添えられ、過去にタイムスリップしたかのような気分に浸ることができる。

世界自然遺産に登録されている湖北神農架林区には、維管束植物 3767種類、脊椎動物600種類以上、昆虫4365種類が生息しており、独特の景観を見ることができる。うち、205種類は現地在来種、2種類は特有属、1793種類は中国在来種で、象徴種であるキンシコウは1300匹以上生息している。

古代中国殷王朝後期の首都の遺構殷墟、客家らによる独特の版築建築物・福建土楼などが相次いで登録されており、中国の世界遺産は今後も増え続けるだろう。実際には、自然景観であっても、文化遺産であっても、世界遺産に登録されればそれで良いというわけではなく、それを一層良い形で保護、活用し、貴重な遺産を永遠に良い状態で残していかなければならない。(提供/人民網日本語版・編集KN)