ミラン、アタランタからイタリア代表DFコンティ獲得! 今夏7人目の補強に

写真拡大

▽ミランは7日、アタランタからイタリア代表DFアンドレア・コンティ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。

▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、今回の移籍金が2500万ユーロ(約32億5000万円)前後になったと推定している。

▽アタランタの下部組織出身であるコンティは右サイドを主戦場とするサイドアタッカー。サイドバックからウイングまでこなせるユーティリティさがあり、2016-17シーズンはセリエAで33試合に出場して8ゴールを記録し、4位と躍進したアタランタの中心選手として活躍した。

▽コンティはミランにとって、今夏7人目の補強選手となった。これまで、ビジャレアルからDFマッテオ・ムサッキオを、アタランタからMFフランク・ケシエ、ヴォルフスブルクからDFリカルド・ロドリゲス、ポルトからFWアンドレ・シウバ、サンダーランドからFWファビオ・ボリーニ、レバークーゼンからトルコ代表MFハカン・チャルハノールを獲得していた。