ぼんやりする時間も大切。毎日の「瞑想タイム」でIQが高まる理由

写真拡大

自分の能力を高めたい、と思ったら知識を深めるために本を買ったり、講座に通ったりさまざまな方法で勉強をしますよね。どうやったら効率よく自分のスキルを伸ばすことができるのか......。なかなか自分に合った効果的なものが見つけられずにいませんか?
思考能力を劇的に高める方法
「ライフハッカー(日本版)」によると人間の知能には2種類あり、勉強をして知識を高める、といった「結晶性知能」と呼ばれる脳に蓄えられた知識を活用する能力と、今まで経験したことの無い状況下で、パターンを認識し、未知の問題を解決し、論理的に思考する能力「流動的知能」があるそう。コツコツ勉強して得る結晶型知識は努力次第で高めることができますが、知識の量と関係のない流動的知識はどうやったら得られるのでしょうか。じつは全体的なIQと一緒に流動的知能を劇的に向上させる方法があることが諸研究により実証されたのだそう。その方法とはなんと「瞑想」。
「瞑想」が与える意外な効果とは
瞑想、というとメンタルを落ち着かせ、心をニュートラルな状態に導いてくれるものですが、ほかにも脳にとって素晴らしい効果があることが証明されています。Siegfried Othmer氏が、脳波トレーニング(瞑想のある特定の形式)を使って被験者の脳波フィードバックを調査してみたところ、瞑想した被験者のIQはなんと平均で23%も高くなっていたのだそう。さらに一年後の追跡調査でも瞑想した被験者のIQを向上効果は持続され、創造性、集中力なども高くなっていたというから驚きです。
瞑想を通じてIQが高くなる理由は主に脳の活動が遅くなること。活動が緩やかになると脳の柔軟性が増し、自己認識能力が高くなるそう。脳を休ませることがIQの向上につながるなんて意外でした。でも考えてみるとなのも考えないでぼんやりしている時間というのは忙しいほどないし、意識しないとできるものではありません。
「瞑想タイム」を自分で作ったら脳も休めて、IQも向上できるなんて一石二鳥。ぜひ毎日の習慣にしたいものです。
[「ライフハッカー(日本版)」]
image via Shutterstock