男女の出会いの場である合コン。普段の行動範囲では知り合えない人と出会えるというのは、とても魅力的なことだと思います。職場に異性がいなかったり、同年代の人がいなかったりする人にとっては、絶対に逃したくない出会いのチャンス!
たとえその場にいるメンズたちが自分の好みのタイプではないとしても(今回参加していない)彼らの友だちに運命の人がいるかもしれません。いついかなるときでも、自分を良く見せておくことはとても大切なことなのです!

(1)連れて行く友だちのレベルを決めていく

「かわいい子を集めてとメンズからの要望があれば全力で集めるけど、特になければ、それなりのレベルの友だちに声をかける。いずれにせよ、友だちのレベルをそろえるようにしている。良くも悪くも自分だけ悪目立ちするような割り振りにはしないかな!」(営業/29歳/女性)

▽ 相手の要望を叶えることができれば、きっと今後合コンに参加するチャンスも増えますものね! さらに、一般的に見て自分よりも下のランクのメンバーばかりをそろえると「自分が1番かわいく見えるように計算したんだな」と思われてしまい、最悪の場合には“性格が悪い認定”をされてしまうことも――! 幹事を任されたときには、ぜひ参考にしたい意見です。

(2)大皿料理を小皿へ進んで取り分ける

「サラダを取り分けるのは“あざとい”と思ってやめていたけど、つい最近あざとくても何でもいいから取り分けてくれる女子のほうが好きだという男性の意見が多いことを知り、また前のように取り分け女子をやってます!」(保育士/29歳/女性)

▽ メンズたちは、この行為が計算の上に成り立っているものだということくらい百も承知。しかし、それでも良いからやってもらいたいようです。なんだかんだ言っても、かいがいしく尽くされたいんですかね〜。

(3)上品な露出を心がける

「鎖骨・首・手首・足首のどこか1箇所がすごくキレイに見える(強調されるような)服を着て行く」(アイリスト/27歳/女性)

▽ オトナの女性にはセクシーさも必要なのだけど、それ以上に上品さも必要なんですよね。露出は上品さが命です!

(4)相づちは“丁寧に”うつ

「あまり『すっご〜い!』とか『わかんな〜い!』とかオーバーなリアクションをしないようにしています。いい歳した大人がそれはないでしょ〜。最近はもっと知的に攻めるようにシフトしているんです」(美容師32歳/女性)

▽ 今までの社会経験で培ったオトナ女子ならではの対応力とごい力を生かし、男性が欲している返事を返すように意識する人も少なくないようです。なるほど、「わからない」の乱用ではなく、大人ならではの丁寧さを出すことで話しやすい雰囲気をつくるということですね!

印象を良くしたいのなら、当たり前ですが悪口やグチなどのネガティブなワードは口にしないのが得策。第一印象をひっくり返すのは至難の技です。終始ポジティブな言動を心がけることで、周りから好印象を持たれやすくなるはずです。それでは、どんどん合コンを楽しんでくださいね〜。